無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと10088日

二年前の4月から始まったこの生活も、3年目に入り町内会長を引き受けたことにより、少し様子が変わってきた。他人に生活のペースを乱されること無く、自分だけの完結した世界で、あと約30年を過ごそうと考えていたが、町内会や公民館で近所のいろいろな…

あと10096日

文科省の役人が、自分の息子を東京医大に裏口入学させたということがあったが、おかしなことに、野党国会議員が関与していたという事実が出てきた途端に、報道されなくなってきたように感じている。まあ、そんなことは毎度のことなので、別に驚かないが、わ…

あと10101日

昔は貸本屋という職業があり、わしらも週刊誌、月刊誌、単行本なんかを一日5円とか10円とかで借りて読んでいた。5円でも10円でも、当時の子供にしてみたら、決して安い金額ではなかった。少年マガジンとかサンデーとかの週刊誌がでたのが、わしが小学…

あと10105日

ここ3日ほどは、早朝6時頃に祝詞をあげて、太陽参拝も済ませるようにしている。それまでは先に食事と掃除を済ませて、10時頃に始めていたが、10時を過ぎるとベランダが焼けて、裸足で降りることができない。仕方なく座布団を敷いて座るようにしている…

あと10107日

誰でも経験があると思うが、高校中学の頃、夏の午後になると授業中眠たくなったものだ。寝るときは気持ちがいいんだが、目覚めは汗びっしょりで最悪だった。理由はわからないが、寝たら汗をかくということは経験上知っていた。ところが今朝、そうではないこ…

あと10110日

毎日暑い日が続いているので外へ出るのも億劫になり、ほとんど一日中エアコンをかけて家の中で過ごしている。朝の10時には室内温度が30度を軽く超えているので、昔の基準で考えていると熱中症で死んでしまいそうだ。ためらわずエアコンを使用するように…

あと10114日

今回の水害が、予測を超える降雨量によってもたらされたということは間違いない。わしもあれだけ長時間の豪雨を経験したことは無かった。豪雨の夜、町内会の用で何軒か会員宅を回ったが、傘をさしても5分でびしょぬれになり、玄関先での話し声が、雨の音で…

あと10116日

この間の平成30年7月豪雨では、各地でひどい被害がでたが、台風ではなく豪雨によってこれほど広範囲の被害が出たのは、近年稀な出来事ではないかと思っている。今回のは50年に一度の災害らしいが、50年に一度と言えばほぼ一生に一度ということで、被…

あと10121日

南洋第六支隊関連の文書の中に、軍事機密と押印された「第十八軍戦鬪序列」というのがあり、調製年月日は昭和18年4月13日となっていた。原本は恐らく手書きのガリ版刷りだと思われるが、軍隊のやり方がこうだったのか、或いは印刷し直す余裕が無かった…

あと10125日

戦死公報によると、わしの母方の伯父は、昭和19年にニューギニアのサルミ付近で戦死したことになっている。18年の暮れ近くに連隊本部を出て、19年にはあっけなく戦死してしまった。去年亡くなった、いとこのJさんの弟のSさんは当時3歳くらいで、松…

あと10130日

ワールドカップのポーランド戦には、いろいろ批判もあるようだが、どうなんだろうな。さすがに、ドイツや北東アジアあたりの国から、卑怯だなんだと言われると、お前が言うかと鼻で笑ってしまうが、正直なところ、その時間の長さに、見ていたわしも、ちょっ…

あと10132日

今年は6月25日に初めてエアコンを使った。去年は6月18日だったから一週間ほど遅くなっている。他の家庭よりは早いかもしれないが、うちの場合、人間は我慢できても犬が苦しそうになるので、どうしても早く使うようになるのは仕方がない。 子供の頃に飼…

あと10141日

昨日は、女房が出かけた後、二度寝をしてしまって、目が覚めたのは10時過ぎだった。昼頃になって、やっと大阪で地震があったことを知り、堺の叔父が気になったが、すぐに電話しても迷惑になるだろうから、夜になって、いとこにsmsで連絡をとってみた。…

あと10147日

二年前に、親父の遺品整理をしていて、おふくろが残した昭和20年代からの家計簿と給与明細を発見した。これをいつか整理しようと思っていながら、なかなか手を付けられなかった。やろうと思えば時間はあったはずだが、いまだに段ボールの中に眠っている。…

あと10159日

金は要らないとか口では言っていても、誰でもお金には興味があるはずだ。聞いて面白いのもお金にまつわる話で、これは儲けた話でも損した話でもいいんだが、どちらかといえば、面白いのは人が損をした話だろう。しかし笑って聞けることならいいが、20年位…

あと10165日

愛媛県の中村知事だが、以前このブログで、知事としてやることはきちんとやってきたというような記事を書いた記憶があるが、どうやら最近先祖返りしてきたようだ。わしの記憶によると、この人は、最初は愛媛県議会議員に、確か最年少で立候補して当選したが…

あと10168日

6月が近づいてくると、76年前の6月5日~7日の間に繰り広げられたあのミッドウェイ海戦を思い出す。当事者もほとんどいなくなり、戦争の記憶も失われていくと共に、あの大海戦すらも、海戦としての純粋な歴史的な側面とか、テクニカルな面とかは、それ…

あと10173日

今月初めに、インターネットを、ADSLからケーブルネットに変えた。料金も同じで、謳っているスピードも12MBで同じなんだが、実際のスピードには雲泥の差があった。今年の初めくらいからADSLのスピードが極端に落ちて、さらに頻繁に切れるように…

あと10180日

2月に離婚した二男が、親として当然のことだとは思うが、子供には会いたいと言っている。成長には関わりたいし、忘れてほしくないという気持ちはわかるが、少し間をおいたほうが良いのではないかと、わしは思っている。ここで思い出すのが親父のことだ。昭…

あと10185日

先月26日の夜に家を出て、その晩は久しぶりにフェリーの2等で寝たが、昔とは違って、ガラガラだった。このフェリーは東予港から大阪南港へ行く船で、昔、瀬戸内海の女王と呼ばれた、関西汽船の別府航路の客船とは別のものだ。今の人に話しても、なかなか…

あと10196日

わしは今まで66年生きて来て、この日本という国が嫌いになったことは一度もない。若い頃、日本人が面倒くさいと思ったことはあったが、それとて、風習やしきたりで面倒くさいこともあるなあと思ったくらいで、別に日本人をやめたいと思ったわけではない。…

あと10200日

セクハラだと言われて財務省事務次官が辞めたが、ほんと情けないおやじだと思う。以前、チャイナから情報を要求されたが、国を売ることはできないと言って、自殺した外務省の役人がいた。この人はいわゆる高官ではなかったが、日本人として矜持を持った立派…

あと10204日

親父が民生委員をやっていた頃だから、20年以上昔のことになる。その頃は民生委員は町内会長を兼務できなかったので、その代わりにちょくちょく会計担当を引き受けていた。当時は町内会長を、1人の人が長期間やるのが当然という風潮があり、死ぬまで町内…

あと10209日

あまりテレビは見ないし、新聞はとってないので知らなかったんだが、「かけ」に関して、愛媛県職員が首相案件と書いたメモが見つかったとか何とか、「嘘の新聞」が報道したようだ。いつもの、野党議員の来庁希望に、知事がパフォーマンスなら来るなと言った…

あと10216日

今の生活も3年目に入り、少し肩の力が抜けてきたように感じている。この2年間、あれをしなければいけないとか、これをしなければいけないとか、とにかく自分に負荷を加えてきた。ところが外部の人と接することが多くなり、忙しくなってくるにつれて、でき…

あと10219日

以前から言われていたことだが、町内会長になって町内の住民の高齢化を改めて思い知らされている。昔から続いてきたこの町内会の制度も、それほど長くは続かないのかもしれない。住民にとっての一番の負担は分別ごみの管理で、ここの市は、資源ごみだけでも…

あと10228日

春分の日は、長男の家に引っ越しの手伝いのため一泊した。出かけるとなると、小太郎花子をペットホテルに預けなくてはならないので、金がかかってしょうがない。長男はその費用は出すからと言ってくれたが、そういうわけにもいかない。10時に預けた後、不…

あと10236日

最近このブログで、俳句をやっていた当時のことを書いたことが何回かあり、そのたびに、当時の事を思い出すようになった。こんな機会が無ければ、ほとんど忘れていたこともたくさんあったが、いろいろお世話になった人や、新入会員として一緒に句作をした北…

あと10242日

昨日、だいぶ前に退職した先輩Iさんの訃報が伝えられた。一回りくらい年長だったはずだから、70代後半だろうか。残念ながらわしは新聞をとってないので、訃報欄を見ることもない。昨日も気を利かして、友人が連絡をくれたんだが、葬儀の場所もわからない…

あと10248日

先日、小倉城の堀から銃弾の薬莢が大量に発見されたとニュースを見ていて、若い頃、渋柿という俳句結社に参加していた頃のことを思い出した。小倉という所は、陸軍造兵廠小倉工廠等の軍関連の施設があり、大陸に近いこともあって、まさに日本防衛の最前線と…