無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと9538日 豪華船クルーズ

近頃は朝から晩まで、同じ人が入れ替わり立ち代わり出てきてクルーズ船の話をしているが、見ているほとんどの人にとってはいい加減食傷気味ではないのかな。大事な問題だといえばそうなんだろうが、本来感染力の高い、治療法のない伝染病の蔓延を防ぐには、…

あと9546日 メガネの値段

3年前に作った遠近両用メガネのレンズに曇りのようなものができて、拭いてもそれが取れないので、昨日、購入したメガネ店で見てもらった。そこは安売りのチェーン店ではなく、この地でも長年商売している、広島に本社のあるメガネのTという、しっかりとした…

あと9552日 安いには理由がある

スマホは、今話題のファーウェイを使っている。理由は性能のわりに値段が安いということに尽きる。と同時に実際この製品がこの値段でできるわけないだろうとも思っている。 共産党一党独裁国家だから、かなりな補助金も出ているに違いない。最近やっとアメリ…

あと9558日 死ぬこととは

死は誰でも一度しか経験できないがゆえに、死の評論家はいても死の専門家は存在しない。僧侶や神父、神主に聞いたところで誰も知らないし、ましてや宗教学者などにわかるわけがない。 そもそも宗教とは死の恐怖から逃れるためにできたようなものだ。しかし、…

あと9566日 平和の代償

うちの近くにも平和通りという大きな通りがある。終戦後できたもので、片側2車線で広い中央分離帯があるから、相当思い切って作られたものだろう。同じような平和なんとかという地名は、全国各地にたくさんあるが、おそらくそのほとんどは昭和20年代に命…

あと9574日 楽しく生きる

人は生きているうちが花で、死んだらゴミになるなどという人もいるが、それでは夢が無さすぎる。ものの本によると、イスラム教では殉教すればあの世で美女に囲まれて生活できるらしい。それなら行ってもいいかなと思ったりもするが、帰ってきた人がいないの…

あと9575日 なんとなく恐ろしいこと

子供の頃にはアメリカとソ連による核実験で地球が滅びるのかと心配したこともあった。大量の放射性物質が大気中にばらまかれて、雨と一緒に降り注いでくる。それらに当たると、良くて禿げるくらいで済むが、運が悪いと死んでしまうなどと言われたものだ。 例…

あと9576日 ネット空間における過去とは

インターネット社会になって変わったことの一つに、忘れることができ無くなったということがある。昔なら話題になっても一定期間が過ぎればほとんど忘れられてしまった。喉元過ぎれば熱さ忘れるで、一部研究者が狭い範囲のことを細かく覚えるということはあ…

あと9578日 日本の民主主義

IR事業に絡んで国会議員に賄賂がわたっていたようだが、これを聞いても何も驚かないどころか、やっぱりなという感情しかわいてこないという現実は、本当はたいへん恐ろしいことだと思っている。 日本にスパイ防止法ができないのは、これができると多くの国会…

あと9580日 国旗掲揚

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 さて、令和2年の元旦の朝は快晴で、掲揚した国旗日の丸は、朝日に輝いていた。 町内で唯一国旗を掲げるようになって15年目になるが、追随する家は一軒もなかった。祝日を国旗を掲げて祝う…

あと9581日 よいお年を

今年も今日で終わりとなってしまった。平成から令和に時代が変わり、何となく世の中がよくなるような気もするが、どうなることやら。平成の時代は生活に追われていつの間にか時間がたったように感じている。 昭和天皇崩御の夜、一人でビールをのんでいると、…

あと9586日 Aさんの恋女房

先日、同じ職場にいた後輩のAさんから、野菜ができたから取りにくるように連絡があった。兼業農家で、勤務しながら奥さんと二人で米や野菜を手広く栽培しているが、再雇用期間も、来年3月終了するらしい。 多分年金のことを聞きたいんだろうなと思いながら…

あと9598日 憲法改正

憲法改正は自民党の党是らしいが、いつになったら実行するんだろうな。大勲位中曽根元総理にしても、あれだけ大見えを切っていたのに結局何もしなかった。安倍総理も衆議院、参議院の選挙で勝ち続けているのに一向に進まない。野党のせいにしているが、それ…

あと9606日 軍歌をうたう

先日、12年目になるテレビが壊れてしまった。32型シャープアクオスだが、シャープ液晶の最盛期の頃だろう、世界の亀山というステッカーが貼られていた。当時メイドイン亀山とかいって誇っていたが、落ちぶれ果てた今の姿を見ていると、栄枯盛衰は世の習…

あと9618日 三島由紀夫事件

作家三島由紀夫が市ヶ谷の陸上自衛隊東部方面総監室で割腹自殺してから49年になる。昭和45年11月25日、その日は授業をさぼって学生寮の自室のベッドに寝転んでラジオを聴いていた。 何時ころだったかは定かでないが、突然番組が切り替わり、三島由紀…

あと9627日 英才教育

この間朝のテレビで、答えは正しいのに、習ってない掛け算を使って解いているという理由で×になったのはおかしいといって、日本の教育行政が悪いという結論に導いていた。確かに教育行政でおかしなことはたくさんあるが、今回の問題に関しては首をひねらざる…

あと9637日 忘却願望

この間家族みんなが集まったとき、母が84歳で死んで、父が94歳で死んだのだから、二人とも十分長生きをしたという話になった。確かに、今32歳の長男や29歳の次男、35歳の長女のように、先の長い者とってはそうともいえるのだろうが、68歳の私に…

あと9645日 孫7人と少子化

子供等が小さいときは、子供等を養うために仕事をするという、大きな目的が確かにあった。その子供等もすでに成人して家庭を持ち、孫も7人できた。7人もいると名前がすぐに出てこないこともある。 社会の役に立ちたいなどとたいそうなことを考えたこともな…

あと9654日 将来とはいつのこと

親の晩年を見てきてわかったことはの一つは、死ぬことがいかに大変なことであるかということだった。いかに死ぬかということは、人生最大の関門だともいえる。 いずれ死ぬということは漠然とわかっていても、遠い先のことだとして忘れてしまいたい。それでも…

あと9655日 出雲大社

先日、久しぶりに日帰り旅行で出雲大社に行ってきた。以前に利用したことのある旅行会社のツアーだったが、日帰り旅行は何度行ってもとにかく疲れる。 片道4時間くらいなので、時間的には問題ないんだが、途中道の駅での15分のトイレ休憩が2回あるだけで…

あと9664日 農地改革

今年も秋祭りが無事終了して反省会が持たれた。反省会という飲み会ではあるが、町内会長も今年で終わるので、来年は参加することもないだろう。 最近ではこのような集まりも参加する人が少なってきた。昔は役員以外の人も参加してにぎやかにやったこともあっ…

あと9674日 友達再発見

先日16歳から21歳まで過ごした学校の同期会があった。最初の同期会の時は来島海峡大橋の工事が行われていたから、40代の半ば頃だったと思う。この時はみんな現役だったにもかかわらず、約半数、40人ほどの参加者があった。 すでに外国航路の船長や機…

あと9686日 人口減少は悪いことか

また秋祭りの季節がやってきた。去年は担当町内会長だったので、いろいろ大変だったが、今年は気楽なものではあるが、子供が少ないのには困っている。 この町内も老人ばかりで、子供の法被の必要枚数を調査しても、たった7人分だった。これは多いように見え…

あと9700日 歴史雑感

人それぞれ、自分の歴史を背負って生きている。この自分史というものは、自分が生きている間は自由に語ったり、書き残したり、修正したり解釈したりすることができるが、死んでしまうと、しばらくは身近な人々の話題にはなるだろうが、ほとんどの人は忘れら…

あと9711日 労働組合

昨晩は、以前の職場の労働組合の人たちとの、年に一度のビールパーティーがあった。この労働組合は左翼イデオロギーとは無縁の、職員の待遇改善福利厚生を目的として、およそ25年前に、私らが中心になって結成した組合なので、組合員みんな仲がいい。 結成…

あと9720日 名古屋の思い出

8月5日から7日まで、息子と6歳、3歳の孫2人と一緒に、車で名古屋のレゴランドまで行ってきた。 さすがに名古屋は遠かった。名古屋駅近くのホテルに泊まって6日丸一日をレゴランドで過ごしたが、レゴになんの興味もないものにとっては、言うことをきか…

あと9733日 さよなら韓国

いよいよ明日になった。何がといえば例の韓国ホワイト国はずしのことだが、本当にネットの力は大きくなったものだ。20年前だと考えられない。なぜか知らないが韓国に対しては遠慮がちだった。 パブリックコメント募集なんかも、ネットで周知されなければほ…

あと9743日 賀名生の行宮

今日、5月15日から始めた、大日本史・巻の68、69の後醍醐天皇の書写が終わった。A5、5mm方眼紙22枚、44頁になるので結構な量になる。 「15日辛丑、天皇位を皇太子に譲り、16日吉野の行宮に崩ず。年52、遺詔(いぜう)して後醍醐天皇と…

あと9754日 長慶天皇陵

中高の歴史の教科書でも、建武の新政を行ったと簡単に紹介されていた後醍醐天皇だが、今ではほとんど忘れられているようだ。戦前の一時期、忠君愛国のシンボルとして持ち上げられ、国民に多大な影響を与えた楠正成ですら話題になることもない。 高校でも国史…

あと9764日 神聖喜劇

処分する予定の本を、玄関にうずたかく積み上げてはみたが、それから先になかなか進まない。2階の玄関は使ってないので、いつまで置いていても別に問題はないが、その山を見るたびに気が滅入ってくる。そこで先週のこと、一念発起して行動に出た。 といって…