無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと10913日

 今日も目が覚めて1日が始まった。ありがたいことだ。わしには土曜も日曜もない、毎日が日曜日だ。だからこそどう生きるか、その過程が重要なんだな。単なる自己満足かもしれんが。毎日仕事に行って社会と接点を持ち、一見忙しそうな人や、退職したといってサークルやジムに通ったりして充実した生活を送っていると思っている人の多くは、ただ単に根本的な問題に気がつきたくないだけなんだよな。例えばお釈迦さんじゃないが、わしは何処から来て何処へいこうとしているのかなんてことが気になりだしたら、何をやっていても、頭の中で「おまえはこんなことをやっていていいのか、こんなことをやっている暇があったら根本的な問題を解決しろ」という声がつきまとってくるようになる。じつはわしが船乗りをやめたのもこれが関係している。船に乗っていたら好きなときに好きな本を読む事もできないし、仕事に追われて落ち着いた自由な時間もとれないので、やめざるを得なかった。しかし今から思えば、まわりからみたらわしも結構イタイ人だったんだろうな思うよ。

 そのとき23歳、人間の寿命が30年ならあと数年だから霞を食っても生きて行けるかもしれんが、70年あるとしたらそれでは生きて行けない。わしは死ぬ前に後悔するはいやだったから、20代、30代、40代、50代それぞれその年代でやるべき事をすべてすましてから考えようと決めた。男としてこの世に生まれた以上まず、仕事(比較的閑職で結構)を持つ事、結婚して家庭をもつこと、子供を3人持つ事、子供をきちんと育てること、親を見送る事、まずそれができなくては根本的問題もなにも語る資格は無いと決めた。

 それから40年たち、それらすべてすまして今年の4月1日にやっとその日がやってきたということだ。