読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと10789日

 今日も気温は30度を超えているんだが、8月の暑さとは違って、あの頭がくらくらするような暑さではなくなったな。冷房無しで雑巾がけなんかをやっていたら、脱水状態になるんじゃないかと思うくらい、汗びっしょりになっていたが、今朝なんかは風が吹いていたのもあるんだろうが、全く汗をかかなかった。ほんと季節は正直だな。

 7000歩あるくのも楽になったな。8月は1階の冷房のきいた部屋の中で歩いていたんだが、最近は冷房の無い2階の廊下を歩いてもあまり汗をかかなくなった。9月5日に、ガラケーからスマホに変えたので、歩数計アプリが必要になりいろいろ試した結果、Noomウオークというのを使っている。歩数しか計測しないので電池消費も少ないような気がするし、今まで使っていた携帯内蔵の歩数計とほぼ同じ値がでるので、しばらくはこれを使う事になりそうだな。

 この間、長女が来た時に、わしが家の中を歩いているのをみて、外を歩いたらいいのにというので、縷々室内散歩の利点を教えてやった。まず天候に左右されないこと。昼間歩ける事。冷房があるので熱中症にならないこと。それよりなにより人に会わない事。これは良い事ずくめだろうと言ってやったんだが、特に、人に会わない事というのは、わしに劣らず世間話をするのが苦手な長女も気に入ったようだったな。4月から歩き始めているから、120日くらいは歩いたとするとざっと84万歩、一歩60cmとして504000m、504km歩いたことになる。よくわからんが、東京からだと名古屋の手前くらいになるのかな。狭い家の中を毎日毎日500kmも歩いたというのは結構すごいことじゃないかと思うんだがな。あと10789日あるからどこまで伸びるかな。

広告を非表示にする