無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと10760日

 このブログはあと10918日から始まり、今日があと10760日となった。158日寿命が縮まったわけだが、特に何かをやったとか、感じたとか、そんなものは何も無い。結果からみれば、ただ淡々と命の日々が消化されたということかな。これから先もおそらくこんなもんなんだろうな。

 結局人生に何を求めるかということなんだろうが、例えば親に孝行をするというのも、自己満足を満たすかもしれないが、その親はわしには既に居ない。立身出世して金持ちになりたいというのもよくある若者の夢だろうが、いまさらそんな気はさらさらないし、実現不可能は既に確定している。結局自分の外に何かを求めても、それが実現しようがしまいが、それが生き甲斐になり続けることはないんだろう。さらにそれを求め続けるということは、自分に対して嘘をつき続けるということになるんじゃないのかな。

 わしは自分が嘘つきだということをよく知っている。わしがいつそれに気が付いたのか、はっきり覚えてないが、おそらく20代の半ばくらいだろうと思う。生きるのもしんどいことだと感じ始めた頃だな。内から見た自分と外から見た自分とでもいったらいいのか、この2者は明らかに別のものだということに気が付いた。つまり、わしの嘘つきというのは内からみた自分が、外から見た自分が嘘をついているということに気が付いているということなんだが、内から見た自分の存在に気が付いた後の人生は、ただ単に楽しいとか、うれしいとか、希望に満ちているとか浮き浮きした気持ちは消え去り、何をやっても、心から熱中するということはなくなったな。

 内から見た自分が、外から見た自分が嘘をついているというふうに感じなくなったとき、わしの求めている心の平安とか、安心とかいうものがやって来るのかもしれない。命の日々を淡々と消化していくのがほんとうに楽しいと思える日がやってくるのかもしれない。宗教の存在というのも本来そういうところにあるんじゃないのかな。あと30年、刹那的な生き甲斐ではなく、嘘をつかない正直な自分を実現するためにはどうあるべきか。努力あるのみだな。