無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと10671日

 去年の春、二男に、サラリーマンが仕事も一生懸命やりながら、なお且つ資産を増やすためには、株式投資をやるしかないということを縷々説明してから、現物株を買う以外には絶対使うなよと念をおして、わしの貯金から幾ばくかの金をやったことがあった。その後、気にはなっていたんだが、2人で落ち着いて話す機会もなかったので、今度正月に帰ってきた二男に改めて聞いてみたところ、幾つかの会社の株を買って、50%増しになったと言っとった。そりゃわしより成績がええなと感心したり驚いたりしたが、

株式投資3原則

(1)会社では株の話はしない。

(2)株式投資してない人とは株の話はしない。

(3)勤務時間中には株価の確認をしない。

を忘れてないだろうなということを確認するをわすれてしまった。二男のことだから間違いないとは思うが、ちょっと儲けたりすると人に話したくなるのが人情とはいえ、それは夫婦の会話くらいで押さえとかないとな。

 わしは同じ職場に株式投資愛好者がいたんで、2人だけのときはいろいろ情報交換して楽しかったが、他の人がいるときは絶対しなかったな。だから他の10人ほどいた人達は、わしらが株式投資をしているとは知らなかったはずだ。損得は車の両輪の如しで、投資にはそれはつきものだとわかっているもの同士なら、相手が儲けたら一緒に喜ぶ事ができるが、投資は博打だと思っているような人にとっては、他人が儲かった話なんか聞いたって嬉しいどころか、軽蔑の対象になりかねんからな。

 さて、4日東証はだいぶ上げたようだが、この上げ基調がどこまで続くか、二男にも適当なところで利益確定しとかんと、もとの木阿弥になることもあるぞとは言っておいたんだが、人間、欲の固まりになってしまうと、周囲が見えなくなるからな。わしも株を持って初めて自分の欲の深さに驚いたんだが、同時に世の中はこの欲によって動かされているんだなと、そのばかばかしさにも気が付いた。しかし、奇麗ごとじゃすまない世界の人々によって、今の世界が動かされているということは、常に念頭に置いておかなくてはな。

広告を非表示にする