読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと10586日

 仕事をやめて一年たった。わしの使っている集文館三年手帳で去年の3月31日の項目を見ると『最終日 Sさん、Tさん、Iさん来る』と書いてある。SさんとTさんは先輩で、既に何年も前に退職しているが、わしが今年度でやめると聞いて、わざわざ来てくれた。Iさんはわしより3年後輩で、今再雇用2年目になっているはずだ。SさんTさんは、30年以上同じ職場にいたので、喧嘩もしたり、一緒に飲んだり、いろいろあったが、随分お世話にもなった。年に一度くらい、OBの飲み会をやろうと約束したが、去年は実現できなかった。この一年、わしも外に出なくなったから、誘われてもなんか面倒くさいような気もしてきたな。

 今日は朝から雨のなか、3日前から、長男の引っ越しの手伝いに行っていた女房が帰って来た。いると面倒くさいなと思う事もあるが、いなければいないで、なんかものたらないような気がする。1人では食べる事ができない人もいるようだが、わしはこの一年で多少鍛えられたから、それはない。しかし、2日たてば帰ってくることがわかっているので、いろいろ考えて飯の支度をしようとは思わなかった。一日目はレトルトカレーと野菜サラダ、ゆで卵。2日目がスパゲッティと野菜サラダ、ゆで卵で、まあ、この晩飯では2日が限度だろうな。

 4月からは女房の仕事がはじまるので、料理をする機会がふえるが、やはり、料理というものは人が食べてくれるから作るのも楽しいので、自分が食べるためだけに凝ったおかずを作る人はいるんだろうか。いくら料理が好きでも、自分で作って自分だけで食べることを1年365日続けるのは、ちょっと気が滅入って来るんじゃないかな。それでも、自分で料理ができる人は何の問題も無いが、一番悲惨なのは、自分で何もできない男やもめだろうな。これは気が滅入る位ではすまないだろう。まさに『男やもめに蛆がわき女やもめに花が咲く』だ。もし、わしがあと10586日生きたら、1人になる可能性が高いわけで、こんなこと言われないように、せいぜい今から準備しとかないとな。

 

広告を非表示にする