無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと10540日

 満員電車で、女性に痴漢だと言われて、否定しながら逃げた人が、電車にひかれて亡くなっていた。ほんとうに痴漢だったかどうか、本人が亡くなった以上誰にもわからなくなってしまった。わしも若い時10年程東京にいたので、朝夕の満員電車は経験しているが、男女がごちゃ混ぜに、ぎゅうぎゅう詰め込まれているんだから、予期せず女性の体にあたることは普通にあった。今回の件もニュースで聞いた限りでは、腰のあたりに違和感を感じたとか言っていたが、わしの覚えているような満員電車だったら、動けないんだから、腰に当たることもあるだろう。本人が亡くなられた以上、本当に痴漢だったかどうかきちんと捜査して、結論を出してほしいと思うのは、わしだけではないだろう。

 というのも、実はわしも総武線でひやっとしたことがあった。その電車は満員ではなかったんだが、秋葉原駅で急ブレーキがかかった。わしはつり革につかまってなかったので、かなり強く前につんのめって飛ばされた拍子に、無意識に何かを掴んでしまった。すぐにそれが女性のふともものあたりだと気が付いたので、手を離そうとしたら、急にブレーキがゆるんで少し加速したので、今度は後ろに倒れそうになり、もう一度掴んでしまった。その女性はつり革につかまっていたので難はのがれたんだが、わしのほうをすごい形相で睨みつけていた。こいつ何か勘違いしているなと思ったので、睨み返して、後は無視していたらそのまま次の駅で降りていった。

 わしは痴漢のニュースを聞く度にいつもこの件を思い出す。急ブレーキという原因はあったにしても、あの時痴漢だと大声で叫ばれていたら、逃げる事は出来なかっただろう。現行犯逮捕で秋葉原駅事務所から警察に直行となり、犯罪者にされていたに違いない。勤め先もクビになったかもしれないし、そうなれば今の生活も無かったわけだ。当時はそれほど思わなかったが、1人の女性の思い込みだけで、一生を棒に振るかもしれなかったと、時がたつにつれて怖くなってきた。

 今ではわしは、東京に行ってもラッシュ時は避けるし、混んで来ると必ず両手でつり革を持つようにしている。朝夕には男女それぞれ専用車両を走らすことが、女性のためにもなると思うんだが、電鉄会社はなんでやらないんだろうかな。わしは32歳のときに不満はあったが、親のいうことを聞いて、田舎に帰ってきた。おかげて満員の通勤電車ともおさらばできたんだが、こんなニュースを見る度に、たまには親のいうことを聞いておいてよかったなと、感謝することもある。

広告を非表示にする