無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと10439日

 昭和41年秋、中学3年の修学旅行で阿蘇、熊本、鹿児島、霧島、青島を回った。船で別府まで渡り、そこから出来たばかりの「やまなみハイウェイ」を通って亀の井バスで内牧のホテル、蘇峰館へ向かった。残念ながら、わしはすぐにバスに酔ったので、この間のことはほとんど覚えてない。

 もう、半世紀も前のことで、国にも社会にも余裕がなかったこの時代、田舎へ行くと、本当に田舎だった。都会ではなく、南九州をバスで回って、全国が均質化する前の、日本の姿に触れることができたということは、今の子供等が海外修学旅行するよりも、インパクトがあったような気がする。

 翌日、バスで水前寺公園、熊本城を見学後、鹿児島へ向かった。水俣を通った時、ガイドさんは、水俣が世界に誇るチッソ水俣工場と紹介していたが、当時、既に有機水銀中毒の患者が発生していたはずだ。まだ、一般的では無かったとはいえ、ほんと、無知とは恐ろしい。阿久根海岸を走るときは「鹿児島が誇る阿久根海岸」と紹介していたから、こんな言い回しが、当時のガイドさんの決まり文句だったんだろう。

 鹿児島では城山に登って、西郷隆盛が自決した洞窟を見学したが、その頃は、言われなければ通り過ぎてしまいそうな、何の飾りも無い、普通の洞窟だった。弾が当たって倒れた西郷さんがその洞窟に運ばれて、「もうここらでよか。」と言って自害したとガイドさんが説明してくれたことは、なぜか鮮明に覚えている。わしも、西郷さんが最後に歩いたのと同じ道を歩いて、ここまで来たのかと、感慨無量だった。桜島を見た後、バスで霧島温泉の霧島観光ホテルに向かった。

 さて、翌朝から、宮崎交通のバスになり、えびの高原を走っている時、ガイドさんに教えて貰い、みんなで歌った歌があった。「思い出のスカイライン」という、なかなかいい歌だったが、不思議な事にその後一度も聞いたことがなかった。わしは何でもよく覚えているんだが、それでも一番しか覚えていない。クラス会の時聞いても、ほとんどの者が忘れていた。

 最近ユーチューブで、よく古い歌を聴くようになり、ちょっと調べてみたらすぐ見つかった。宮崎の修学旅行で、同じ様な経験をした人が、他にもたくさんいたようだ。この歌は、宮崎交通が宣伝用にプロに頼んで作った歌で、南九州以外では聴けなかったようだから、わしがその後、一度も聴いた事がないのも当たり前だった。途中カールブッセの「山のあなた」の一節が使われていて、いい歌だ。

  

♩♬「思い出のスカイライン」よかったら一度聴いてみてください。

www.youtube.com

 わし等の子供の頃は、家族で旅行に行く事も無かったし、旅行といえば修学旅行くらいしか思い付かない。今でもこうして思い出せるんだから、船や、バス、汽車に乗って知らない地方を回って、見聞を広めるという役割は、十分に果たしていたと思う。

 思うんだが、今もう一回行ってこいと言われたら、それは勘弁してほしい。ああいう旅行は、子供だから楽しめるし、記憶にも残るので、今更バスの中で、みんなで「思い出のスカイライン」なんか歌いたくもないしな。この歳になって考えるのは、引率の先生は、さぞや、大変だっただろうということだ。夜の晩酌くらいは大目に見てあげよう。