無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

2016-12-23から1日間の記事一覧

あと10684日

4月から毎日古事記神代巻を音読している。昨日で32回読み終えて、今日から33回目になるが、32回目から少し読み方を変えてみた。わしの読んでいるのは「朗読のための古訓古事記」という本で、解題によると昭和19年の幸田本を底本にして編集されてい…