無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと10632日

 今朝女房が整体に行くので、終わった頃にわしが車で迎えに行って、焼き肉ランチを食べに行く約束をした。女房が出た後、わしはいつもの通り掃除機を使った後、雑巾で床を拭いたところで、迎えに行く時間がきてしまった。風呂の掃除が残ったが、それは午後からということで、急いで支度をして駐車場へ行った。そこで問題が起こった。ドアを開けようとしても開かない。わしはてっきりキーの電池が無くなったのかと思って、鍵穴に差し込んで手動で開けて中に入った。そしてエンジンをかけようとしたが、うんともすんとも言わない。そこでやっと気が付いた。この間、エンジンのかかりが悪いので、そろそろバッテリー交換せんといかんな、などと話したことがあったが、まさかこんなに早く来るとは思わなかった。バッテリーの突然死は、車に乗るようになってこれで3回目だが、今回は家の駐車場で死んだだけまだましだったな。

 たしか2回目の突然死は、おふくろの墓参りに寺に行ったときだった。車を停めていた時間は15分位だったが、おそらくエンジンを止めた瞬間に死んだんだろう。仕方が無いのでクレジットカードのロードサービスに電話して来てもらった。寒いし、周りは暗くなって来るし、其の時もバッテリーは早めに変えるようにせんといかんな、などと一緒に行っていた親父と話したことがあったんだが、またやってしまった。

 今のバッテリーは2015年2月23日に楽天で買ったGS YUASAのUN40B19Lで、丁度、まる2年経っている。2年間4万キロ保証の品物だったから、まさに能書き通りで、これには感心したな。仕事に行っている時は通勤に使っていたので、毎日往復30キロ走っていたから、バッテリーももう少しもったような気がするが、辞めてからはちょい乗りばかりなので、2年間もてば上出来だろう。今回も楽天の同じ店で、同じGS YUASAのBV40B19Lを注文しておいたので、また2年間はもつだろうが、それまで運転しているかどうかはわからんな。

広告を非表示にする