無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと10518日

 今でも覚えているが、昔日本社会党という政党があって、その政党が自衛隊憲法違反だから、名称を国土建設隊に変えて、武器は取り上げようと本気で主張していた。わしらも子供心に何を馬鹿な事を言っているのかと呆れていた。その末裔の社民党は今でこそ泡沫政党になっているが、当時は自民党と良い勝負をしていたのだから、ちょっと間違えばそれが実現していたかもしれなかった。

 東日本大震災阪神淡路大震災で、自衛隊の持つ災害派遣のパワーを国民は思い知ったが、社会党の言っていた、土木業専門の国土建設隊ではこれだけのことはできなかっただろう。言うまでもなく、自衛隊の本来の主要任務は、外敵から国土国民を守る事で、災害派遣はその中に含まれるものだ。普段から武器を持って命がけの訓練をしているから、有事に動けるので、平時ならともかく、有事に土木業者に命がけでやってくれと言ってもそれは無理な話だ。

 2年前に安倍首相が、殉職自衛官が1800人いると話していたが、他の職場でこれほどの殉職者がいるところはないだろう。その中には兄の友人も含まれている。昭和50年に、山口県の小月基地で訓練中の兄を尋ねて行ったことがあった。小月駅の近くの食堂で2人で晩飯を食べていると、同じく訓練生のDさんがやってきた。お互いあいさつをして、一緒に食べて、ビールも飲んだ。兄は回転翼機だが、Dさんは固定翼機に進むと話していた。当時の対潜哨戒機P2Jというやつだ。

 わしは1人で先に店をでたんだが、出る時にそれまでの支払いを全部すませた。たいした金額ではないんだが、Dさんがびっくりして兄貴に「いいのか?」と尋ねていた。同僚の弟に払って貰ったんだからびっくりするだろう。兄貴は、わしが金を持っているのを知っていたから、いいんだいいんだ、と言っていた。ちょっと困ったようなDさんの顔が思い出される。

 それから1年か2年たった頃、おふくろから電話があり、Dさんが殉職したことを知った。高知県の山中に乗機P2Jが墜落して、乗員全員死亡ということだった。あの時のDさんの顔が浮かんで来た。副操縦士で乗っていたんだが、さぞ無念だっただろう。捜索が行われて全員遺体は回収され荼毘に付された。両親、親族と自衛隊員が遺骨を持って帰る時に、親父とおふくろは港まで見送りに行ったが、可哀相で涙が出たと話していた。

 兄のヘリも一度海上に墜落している。この時は幸いにも全員無事だったが、一歩間違えば死んでいた。毎日兄が無事家に帰って来たらほっとすると、兄嫁が話していたから、相当なストレスだったんだろう。命をかけた厳しい訓練をしているから、有事に訓練通りに動けるということだ。いつまでも憲法違反などと言わせないためにも、少なくとも憲法に規定しなければならないし、さらに9条の改正まですすんでもらいたいものだ。

広告を非表示にする