無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと10327日

 おふくろは貴金属類は早めに形見分けしていたのと、亡くなったのち、女房が良いものから他の親族にあげてしまったので、大したものは残って無かった。そんな中で、盗まれたんじゃないかと、おふくろが死ぬまで気にしていた、金のネックレスだけは杳として行方不明のままだった。

 それが出てきたのは、去年の暮、おふくろの着物を処分するために、箱に詰めている時だった。着物の間に挟まれた状態で、実に13年ぶりに姿をあらわした時、一目見ただけで女房はアッと声を上げたから、あのネックレスだとすぐに気が付いたんだろう。女房が一枚一枚丁寧に調べながら箱詰めしていたからよかったが、わし一人で作業をしていたら、気が付かずに捨ててしまったかもしれない。

 そのネックレスは、もし出てきたら女房にあげると言われていたものなんだが、型も古くて女房も使い道がないので、いっそのこと売りに行こうかという話になった。それならついでに、昔からたまっている、金杯とか銀杯とか、ウィスキー、ブランデー、わしがメキシコのアカプルコで時計と交換した指輪類等ガラクタも全部集めて持って行くことにした。

 45年も前のことだが、わしがアカプルコの海岸通りを歩いていると、珍しく英語を話すメキシコ人が近寄ってきた。所謂故買屋というやつなんだろう。立派なダイアモンドの指輪を見せて、由緒ある家から盗まれたもので、安くしとくから買わないかという話だ。そんなに金は持ってないというと、わしの腕時計をみて、それと交換しようと言い出した。

 時計といっても、シチズンの安物の時計だし、しかもバンドを針金で修理していたので、今度日本に帰ったら買いかえようと思っていたような代物だった。どうせ偽物だろうとは思ったが、こんな時計で良ければと、宝くじでも買うようなつもりで交換してやった。それから45年、とうとうあの指輪の真贋がはっきりする時がきたかと、わしにとっては金のネックレスの値段よりも、こちらのほうが楽しみだった。

 いよいよ鑑定が始まり、酒類は一瓶500円、コーチの帽子500円、クロコダイルのハンドバッグ3000円、と進んでいって、とうとう金のネックレスの順番が来た。店長はこれを持ったとたんに、「おっ、これは。」と声を上げ、目方を測って○万円。女房は大喜びだが、わしはそんなことよりも指輪が気になっていた。

 そして指輪の順番が来た。すると、店長はほとんど見ることもなく元の箱に戻してしまった。う~ん、そういうことなんだろうとは思ったが、恥を忍んで一応聞いてみた。店長の返事は、「はめ込まれている3個のダイヤを見るまでもなく、まず装飾が良くないですね。いいものはこんな装飾はしません。イミテーションですね。よければこちらで処分しときますが、お持ち帰りしていただいても結構ですよ。」だった。

 これは、45年間の密かな期待が見事に粉砕された瞬間でもあった。指輪も含めて、売れなかったものの処分をお願いして、ホクホク顔の女房と一緒に店を後にした。

 

あと10332日

 毎日毎日家にいるので、何も変化が無いように思われがちだが、そうでもない。そのほとんどは本当に些細な、つまらないことではあるが、まるで誰かに試されているような気がすることもある。先日こんなことがあった。

 12/7は近くの医院でインフルエンザの予防接種を受けることになっていた。午後4時半から接種だったので、25分には行って受付を済ませた。ここは一昨年に開業したばかりで、今風というのか、受付周辺もこぎれいで、医院というよりもどこかのオフィスにでも迷い込んだかのようだ。

 そこで黒いお揃いのワンピースを着た女性が2人、まるで社長秘書のような感じで受付業務を行っている。入った瞬間に、ここはちょっとわしには合わないなと、嫌な予感がした。○○ですがと名乗って来意を告げると、パソコン画面で予約を確認して申告書を渡された。わしは確認のため「65歳以上ですが、この用紙で間違いありませんか?」と尋ねた。というのも、65歳以上になると市から2000円の補助がでるからだ。「えっ、65歳以上ですか?」その女性は一瞬あわてたような表情を見せたが、すぐに「それで間違いありません。」と不愛想に答えた。

 大きなお世話かもしれないが、わしなんかから見たら、黒のワンピースというのも趣味が悪いと思うし、受け答えにしても、不愛想にもほどがあると思うんだが、これが院長の趣味なら仕方がない。黙って指定された部屋に向かった。中に入ると既に20人ほどの先客が待っていた。1人3000円だから、これだけでざっと6万円かと計算をしながら、わしは空いていた椅子に座って名前が呼ばれるのを待つことにした。

 5分経ち、10分経ち少しずつ人は減って来た。30分経った頃には、初めにいた20人は全部終わったはずだが、まだ呼ばれない。確実に後から来た人が呼ばれるようになった。おかしいなとは思ったが、ちゃんと受付をして、名前を確認後、申告書も出しているんだから、何かの都合で順番が入れ替わったんだろうと軽く考えていた。そして1時間たったころ、受付でさっきの女性がわしの名前を呼んでいるのに気が付いた。

 返事をすると、さも驚いた様子だった。「えっ、まだですか?」というので、ここで初めてわしは受付の怠慢に気が付いた。接種は既に終わったはずなのに、わしが金を払わずに帰ったんじゃないのかと心配になったんだろう。ちょうどその時、次の順番の人を看護師が呼びに来たので「一時間待っているんだが、いつまで待てばいいの?」と聞いてみた。するとあわてて医者に確認してすぐに呼ばれた。

 診察室に入ると、医者が受付の入力ミスを謝罪したので、やはり受付の怠慢で間違いなかったようだ。接種を終えて受付に用紙を届けると、そのミスをした女性がそれを受け取った。わしは何か一言謝罪の言葉があるだろうと思って待っていると、出てきた言葉は「すぐに計算できませんので、椅子に掛けてお待ちください。」だった。最近のコンビニやファミレスでのマニュアル通りの応対を連想させた。最後に会計を済ませて出るときに、呼び止められたので、少しは反省したのかなと振り返ると、「よろしければ、当院のパンフレットをお持ちください。」と宣うた。最後まで、そこの接客マニュアル通りだったのかもしれないが、そのマニュアルには、人に迷惑をかけた時はきちんと謝りなさいとは書かれてなかったようだ。

 「もう来ることは無いから、パンフレットなんかいらないよ。」という心の声を聴きながら外へ出ると、すでに夜になっていた。

あと10337日

 先週の土曜日に、二男夫婦が離婚に関する話をするために帰って来た。去年の夏にも一度もめ事があったので、危うい感じはしていたが、去年12月に子供が生まれ、今年6月に、家族との時間が持ちたいからということで、転職したばかりだったから、今の時期にその話がでてくるのには正直驚いた。

 離婚したいのは嫁のほうで、一方的に三下り半を突き付けてきたということだ。嫁は自分は悪くない、相手が悪いというような身勝手なことを延々と話していた。聞いているうちに、去年の夏にも同じようなことを話していたのを思い出した。あの時は、これはだめだと思って、幸い子供もいないんだから、今すぐ別れた方がいいと、離婚を勧めたんだが、残念ながらそうはならなかった。

 慎重を優柔不断といい、優しさを弱さといい、決断できない、頼りにならないと、目の前で言われ続けても、黙って聞いている二男が不憫でならなかった。4年務めた一部上場企業を辞めて、転勤のない山の中の小さな会社に転職したのも、家族と一緒に過ごせる時間を持ちたいと思ったからだった。当初は四国の会社に決まっていたのに、それを断って、給料も安い今の会社にしたのは、少しでも実家に近いほうが、嫁も楽だろうという心遣いからだった。わしは将来を賭けて、家族のために大きな決断をした二男は偉いと思っている。

 知り合いも誰もいない、四国からも遠く離れた全く知らない土地に来て、さあ家族でこれから頑張ろうというときに、突然嫁も子供もいなくなってしまう。まさに、2階に上がって梯子を外されたようなものだった。泣きながら女房に電話をしてきた二男の無念の気持ちは察するに余りある。しかしわしも女房も、二男の良さを理解できないのなら、別れたほうがいいと思っている。ただ心配なのは子供のことだけだ。

 長男も心配してやって来たので、久しぶりに家族4人だけで遅くまで語り合った。話しているうちに二男もだいぶ吹っ切れたようだった。幸い時間はあるので、写真とかフットサルとか、また始めてみようかと少し前向きに考えるようになった。正月に2人でスターウォーズを見に行く約束をしているのを聞いていると、子供らが小さかった昔に返ったよう気分になった。

 今回、もし嫁が子供をいらないといった時は、こちらへ連れて帰ってわしら夫婦でみるということまで覚悟していたが、そうはならなかった。女一人でほんとうに子供を育てられるのか甚だ疑問だが、できると言う以上任せるほかは無い。これから先、この子がどんな人生を歩むのか、心配の種は尽きないが、幸せになれとよ、遠くから見守ることしかできない。優しい穏やかな夫と共に、家族3人で暮らすということに何の不満があるのか、それは子供のために、我慢できないほどのものなのだろうか。子供を道連れにして、過酷な人生を選択するその気持ちが、全く理解できない。

あと10342日

 4年くらい前に、時々不整脈が出るようになり、循環器内科の医院にかかったことがあった。脈が飛ぶというのは、本人にとっては気持ちがいいものではない。知り合いの医療関係者に聞いても、単なる期外収縮だろうから、問題ないと思うよと言われてはいたが、こと心臓に関しては止まれば死ぬので、そう安閑とはしていられない。

 そこで、近所に2軒ある循環器専門の医院のうち、最初にAクリニックに行ったところ、うちは予約制で一見さんお断りと言われてしまった。看板には確かに予約制とは書いてあるが、ただの町医者でそこまで徹底するのも珍しい。しかたがないので、その足で当時開院したばかりだったBクリニックに向かった。

 ここはガラガラで、すぐに診てもらえた。近頃はどこの病院に行っても電子カルテになっていて、慣れてない医者は時間がかかってしようがない。このBクリニックもそうだった。とにかくキーボードを打つのが遅いので、パソコンのモニターを見ながら患者と話しをしている。最初はモニタに向かって独り言を言っているのかと思った。ブラインドタッチができないんなら、入力専門の秘書を雇って、医者は診療に専念しろよと思ったな。

 ここでホルター心電図をつけて24時間様子を見ることになった。電極と本体を胸のあたりに張り付けて、そのままで24時間記録するんだが、いくら小さいとはいえ、胸にぶら下げとくのはやっぱり邪魔になる。寝るときも、寝返りではずれないかとか、いろいろ気にかかってゆっくり休めなかった。翌日取り外し、その後3日ほどして結果を聞きに、大雨の中、Bクリニックを尋ねた。

 結果はやっぱり期外収縮だった。脈がこれくらい飛ぶのはよくあることで、全然問題ない。もっと飛ぶようことがあったら、また来るようにと言われて、ほっとして医院を後にした。それでもドクっと空打ちするように脈が飛ぶのは、気持ちのいいものではない。あれから3年たっても、増えはしないが減ることもなく、脈は飛んでいる。

 昨日、時々送られてくるメルマガを読んでいて、期外収縮を抑える方法について書いてある面白い記事を見つけた。胸椎4番を整えると心臓に良いということは、いろんな本にも書かれているし、それらの種本になっている、松本道別著・霊学講座にも出ているので、以前から知ってはいたが、自分では背中に手が届かないからどうすることもできなかった。しかし、そのメルマガでは胸椎4番の対応点を紹介していた。つまり胸椎4番を整える代わりに、中指を掌の方に折り曲げて、対応点である中指基節骨の上を、親指で不整脈が止まるまで押しておくだけでいいらしい。早速試してみたが........何ともいえんな。

あと10345日

 古事記神代巻100回音読も一応達成したこともあり、また先日の咳喘息のこともあり、ここらで、このブログも含めて、一度生活を見直してみるのもいいのではないかと思っている。

 無駄に生きるとはどういうことかというテーマで、ほぼ休むことなく558回書いてきたが、毎日書くということは、思った以上に大変だということがだんだんわかってきた。一番の問題点は、時間の使い方が細切れになるということだ。書くという作業は嫌ではないんだが、朝起きて掃除して祝詞奏上と続く一連の流れの中で、ブログを書くということが、その流れを遮断しているような気がしてならない。そのことが、せっかく、時間を思う通りに使える身になりながら、それを有効に利用してないように感じる原因となっているようにも思える。

 つまり、1日が24時間ではなく、48時間や72時間として利用できる幸せを阻害している原因が、毎日書くという作業ではないかと思うようになった。今のわしにとっては24時間にこだわる必要は何もない。初期の頃はブログを書くことが、毎日のリズムになっていたが、時間の使い方に慣れてきて、もう少し長いスパンで生活をしたいと思うようになってくると、そのリズムが邪魔になってくる。

 勝手に書いているんだから、別に毎日書く必要もないだろうと言われればその通りなんだが、これも自分との約束だと思うと、なかなかそうもいかない。しかし今回は思い切って更新回数を減らすことに決めた。1週間に1回とか2週間に1回とか、不定期になると同時に、もう少し時間をかけて楽しく書きたいと思っている。

 そんなわけで、更新が遅れると思います。また、ゆっくりとみなさんのブログも訪問して、楽しませていただくつもりです。ブログはまだまだ続きますので、たまには覗きに来てください。haruさん、毎日読んでいただいてありがとうございました。時々は更新しますので、またよろしくお願いします。

 

 昨日の記事に書いた、寄り引け取引はロジックに間違いがありましたので、消去しております。過疎ブログでよかった。

あと10346日

 どうのこうの言ったところで、人間というものは、いくつになっても欲を捨てることはできないと思っている。或いは、欲があるから生きていける、と言ったほうがいいのかもしれない。中でもお金に対する欲求は特別で、誰にとっても、お金というものが、生きていく上での重要なバロメーターとなっていることは間違いないだろう。

 今は株はほとんど持ってないので、損をする心配はないが、儲けることも無い。ほとんどを手放した頃は、これで損する心配はなくなったと安心していたが、売った株が上がっていくのをみていると、別に損をしたわけでもないのに、なぜか損をしたような気がしてくる。ここであわてて手を出すと高値掴みをしてしまうので、それもできない。これは結構ストレスになると、最近気が付いた。

 売れば上がる、買えば下がるという感覚は、株式投資の経験者ならみんな感じていることだろう。それでも余裕資金で現物株を持っているということは、心の余裕にも繋がっていく。下がっても、売らない限りは含み損で、その間配当ももらえて利益は積みあがっていく。10年、20年持っていれば、つぶれない限りは必ず上がってくる。儲けようと思ったら、現物株の長期保有に限るということはわかってはいるんだが、ちょっと刺激もほしいと思うこともある。

 今年の6月から始めたのが、日経225miniの寄り引け取引というやつだ。売りか買いかしかないんだから、大雑把なところで確率5割といえるだろう。朝の寄りで、売りか買いのポジションを持ち、その日の引けで決済するので、夜まで引きずることがない。負けても損害はそんなに大きくならないし、これならストレスも少ないだろうと始めてみると、なかなかどうして、勝てば極楽負ければ地獄、毎日がこれの繰り返しだ。しかも年間勝率5割以上に持っていこうと思ったら、一日も休めない。

 

 起きて半畳寝て一畳天下とっても2合半、これだけあれば生きていけるとはいうが、お金というものは、あって邪魔になるものではない。誰でもお金がかかってくると真剣になるし、いい加減な気持ちではやれない。こんなことで、たまには人生真剣勝負という気持ちを思い出すのもいいのではないのかな。もちろん余裕資金で、ほどほどにやっとればの話だが。

あと10347日

 11月23日夜、去年の4月1日から始めた古事記神代巻100回音読が完了した。当初は、去年の11月までに終わる予定だったが、それはちょっと甘い考えだった。結局11月までには27回しか読めなかった。それから1年かかって73回読んだことになる。読み始めて602日目、途中、旅行と病気で読めなかった6日を除いた596日間、時間が無い時も、眠たい時も毎日机の前に座って読み続けた。やったから何がわかるとか、何か得るものがあるとか、そんなことは初めから期待していない。小さなことかもしれないが、誰に話すこともなく、毎日毎日596日間積み上げてきたことに対して、自分なりに満足している。

 この596日間で、全く何も得るものが無かったかといえば、それはそうではない。今回読み始めるまで、古事記はわしにとって遠い存在だった。子供の頃に絵本でみた、国生みの話や海幸彦山幸彦の話を断片的に覚えていたくらいで、そもそもこれらの話が古事記の話だということさえ知らなかった。そんなわしを古事記の言霊の世界に導いてくれたのが、相曾誠治氏だった。残念ながら相曾誠治氏は1999年12月31日に亡くなられているので、直接お会いしたことは無い。「言霊と太陽信仰の神髄」「サニワと大祓詞の神髄」という、氏が唯一出版したこの2冊の本との出会いがそのきっかけだった。

 100回読んでみてもわからないことが多い。わからないならわからないままで読み進めばいいんだろうと考えて読んできたんだが、結果的にはそれでよかったと思っている。わからないというのは意味が分からないのではない。最近現代語訳というのがあって、これを読むと、何か通り一遍な意味が書いてあるらしいが、それを知ったからと言って何の意味もない。わからないのはそんなことではない。わかろうとして、古事記の中に出てくる話を、自分の知識の枠のなかで解釈することのばかばかしさを、なんとなく理解できるようになった。

 相曾誠治氏の言うように、古事記から言霊を感じる読み方とは、目でストーリーを追うのではなく、正しく書かれた古事記を、ただ声を出して読み続けることしかないと考えている。結局死ぬ日まで毎日1行でも2行でも読み続けていけば、わかる日もくるかもしれない。