無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと10141日

 昨日は、女房が出かけた後、二度寝をしてしまって、目が覚めたのは10時過ぎだった。昼頃になって、やっと大阪で地震があったことを知り、堺の叔父が気になったが、すぐに電話しても迷惑になるだろうから、夜になって、いとこにsmsで連絡をとってみた。震源が大阪北部だったので、幸いなことに今回は堺市あたりは影響はなかったようだったが、家が古いので耐震基準を満たしてないはずだから、直下型がくれば危ないような気がしている。

 今回の地震が南海地震の前触れのようにいう人もいて、当たれば恐ろしいことになるが、こればかりはわからない。地質年代とかいう途方もなく長い周期からみると、人間の考える時間で図ることがバカバカしくなるのだが、かと言って何の準備もしていないのも不安になるので、うちでも水だけは少しだが確保している。大して役にはたたんと思うが、おまじないみたいなものだ。

 ニュースを見ていると、これだけひどい大阪の地震は観測史上初めてだと、アナウンサー得意げにしゃべっていたが、観測が始まったのが、明治時代らしいから、こと地震に関しては、「観測史上初めて」という仰々しい言葉に、何の感動も覚えないのはわしだけではないだろう。側にいた地震学者が、400年前にはあったと話していたが、400年前でも、80年前でも、地質年代ではほんの一瞬の出来事で、誤差の範囲にもならない。

 そもそも地震学者といったところで、地震予知に関しては白旗をあげてしまったので、わしら素人と何ら変わらない存在になってしまった。予知ができるということにして、一体どれほどの研究費を引っ張ってきたのか知らないが、莫大な額だったことだろう。冷静に考えると、学者が地震を予知したからといって、行政がそれを信じて事前に動けるものなのだろうか。また、一週以内に巨大地震が発生すると言われて、その準備をしていたが、来なかった時に自信を持って解除できるのだろうか。翌日来るかもしれないし、翌々日かもしれない。その責任は誰がとるんだろう。

 南海地震も必ずやってくるんだろうが、それは今この瞬間かもしれないし、来年かもしれない。10年先かもしれない。ひょっとしたら、わしが生きている間には来ないかもしれない。そんな不確定な状況の中では、備蓄するにしても、心構えを持つにしても、結局今できることを、出来る範囲でやっていくことしかできないということだろう。座して待つしかないということかな。平成13年の芸予地震のときは、家の中で動けなかったから、万が一、家が倒壊するようなことになれば、逃げることはできないかもしれない。あとは運だけだな。

 今回の大阪の地震で亡くなった小学生も、地震発生があと1分遅いか、或いは早かったら助かったのかもしれない。家を出るのが1分早いか、遅いかしていたら助かったのかもしれない。生死の境目というのは情け容赦なく誰にでも突然やってくるものだろうが、子供だけは勘弁してやってほしい。

あと10147日

 二年前に、親父の遺品整理をしていて、おふくろが残した昭和20年代からの家計簿と給与明細を発見した。これをいつか整理しようと思っていながら、なかなか手を付けられなかった。やろうと思えば時間はあったはずだが、いまだに段ボールの中に眠っている。とにかく、何から手を付けたらいいのか、全く思いつかない。

 そうはいっても、眺めていても何も始まらないので、先週、データベース化についていろいろ考えてみた。やりようによっては、貴重な昭和の記録になるはずだ。いいものができれば公開することも考えているので、どのような仕様にするかということは大きな問題になってくる。

 ファイルメーカーなら、職場で20年以上使ってきて慣れているとはいえ、ネットで調べてみると価格が5万円近くしているので、これは無理だ。となると無料で使えるmySQLということになる。データベース作成はもともと趣味でやっていて、その延長で、職場の物や時間の管理システムを作っていたから、mySQLも少しは理解できるようになっている。

 初めからインストールされていれば楽なんだが、家のdynabookには何も入ってないので、apachephpmySQLphpMyAdminを順番にインストールしていった。結果、やはりphpでつまずいた。先週一週間いろいろトライしてみたが、いまだにうまくいかない。これは以前にも経験したことがあった。

 10年ほど前に、職場で捨てられていた、古いe-macのHDを交換して、この作業をした時、偶然だったのかどうかしらないが、何の苦労もなく一回で成功した。しかし、退職する前になって、それが古くなったので、今度はwindows7に移し替えようと思って、初めてwindowsでこの作業をやったんだが、結局phpで躓いて時間切れになり、完成できなかった。

 今回もまた同じことを繰り返しているようだ。全く進歩してないどころか、ほとんど忘れかけていて、古いノートなんかを引っ張り出してきて見ている。パソコンをいじっていると、時間がたつのが早いということは、誰もが経験していることだと思うが、一日なんかあっという間に過ぎてしまう。夜になって、この一週間、一体何をしたのかなとふと思うこともあるが、ほんと鬱になりそうだな。

 時間はかかっても、これができないと先へはすすめないので、何としても今週中に済ませて、本来のデータベース作成の段階に進みたいものだ。「家計簿から見る戦後の生活」なんていうタイトルも考えているんだが、さて、どうなることやら。

あと10159日

 金は要らないとか口では言っていても、誰でもお金には興味があるはずだ。聞いて面白いのもお金にまつわる話で、これは儲けた話でも損した話でもいいんだが、どちらかといえば、面白いのは人が損をした話だろう。しかし笑って聞けることならいいが、20年位前になるのかな、近所のHさんのおばあさんが、あの豊田商事に全財産を騙し取られた話を聞いた時は笑えなかったな。息子らにも叱られて、失意のうちに亡くなった。堅い人生をコツコツと歩んできて、最後の最後にあんな目に合わされるとは、神も仏もないもんだと噂になった。

 これに比べると、現物株や、ちょっとした小商いで損をした話は、本人の欲の深さを笑って聞けるので、これは面白い。わしの兄は、若い頃は株の話なんかはしなかったんだが、もともとギャンブルは好きで、パチンコには、かなりのめりこんでいたし、競馬や麻雀よくやっていた。しかし、それほど話題になることはなかった。ところが、50歳も近くなった頃、当時流行ったメロンパン屋に出資して事業を始めると言い始めた。

 スーパーの駐車場なんかにパン焼きの車を止めて、焼いたメロンパンを直売するという、よくある方法だった。誰が聞いても、そんなうまい話があるものかと気が付くと思うが、これが本人にはわからない。それでも初めは売れて儲けがでたらしい。しかし、そんなことがいつまでも続くわけもなく、結局人件費も払えなくなり、最後は自分が車に乗って焼いていた。所詮素人商売で、いくら損をしたのかはっきり言わないが、兄嫁の話では百万単位の赤字のようだった。

 法事なんかで人が集まると、今でも大抵このメロンパンの話がでて、からかわれているが、さすが自分の金をかけてやっただけあって、メロンパンについては、やたら詳しかった。メロンパンの事なら何でも聞いてくれと開き直り、うちの子供らの間では、メロンパン博士として通っている。結果は轟沈したとはいえ、まあ、一生懸命やって面白い話題を提供してくれたんだから、それはそれで良かったんだろう。

 他人ごとではなく、わしもあのM石自転車の話にはコロッと乗せられた。兄のメロンパンほどではないが、手元に残ったのは、何の価値もないM石ホールディングとかいう会社の株券だけだった。M石自転車の株を買ったつもりが、いつの間にやら実体のないM石ホールディングになっていたんだから、うまいことやられたということだろう。この件の話になると、いまだに女房は機嫌が悪い。しかし、この話を株式投資をしている連中にしてやると結構うけるので、やはり人が損をした話を聞くは面白いようだ。

 以前に書いたことのある、日経225寄り引け取引だが、ここしばらくはずっと儲けが出るようになった。前日にサインをだし、結果はブログに残してあるが、間違ってもやってみようなどと思わないでいただきたい。馬鹿なブログを信用して225に手を出して損をした話など、聞かされる方は面白いだろうが、額の多寡にかかわらず、お金を失うことに慣れは無い。 

日経225寄り引け取引の記録

あと10165日

 愛媛県の中村知事だが、以前このブログで、知事としてやることはきちんとやってきたというような記事を書いた記憶があるが、どうやら最近先祖返りしてきたようだ。わしの記憶によると、この人は、最初は愛媛県議会議員に、確か最年少で立候補して当選したが、一期目途中で投げ出して、衆議院議員選挙に立候補し落選した。この時も、一期も務めずに辞めるという無責任さを、結構批判されていた。

 その後、日本新党ブームに乗っかり、愛媛一区から立候補して当選。日本新党が解散した後、小沢一郎新進党に合流、次の選挙に新進党公認で立候補したが落選。その後は何をしていたのか知らないが、表舞台からは消えていた。毎週市駅前で朝立ちをしてたらしいが、わしは見たことがないので知らない。

 その後、市長選に立候補した時には、歳も若かったし、清廉なイメージで現職を破って当選した。当時の加戸知事が、突然中村を支持すると言い出して、流れが変わったともいわれている。加戸知事は、今ネット上では、筋を通す、さも立派な人のように言われているが、知事になった時には、自分を応援しなかった町村長とは会わないと宣言したほどの、役人上がりの小物感丸出しだったから、この中村支持宣言も、さもありなんと納得するとともに、逆らうと何されるかわからんということで、結構インパクトがあったのかもな。

 知事になってからは、政党色を感じさせない、県民の代表みたいなイメージだった。県政なんかは、何かを強引にやろうとしなければ、普段は誰も気にしないし、積極的に拒否をするということは無い。一時怪文書も出たりしたが、マスコミも騒ぐことなく収まった。あの当時はネットもないし、今ほどマスコミの偏向が知られていなかったから、気にしなかったが、今ならまた状況が変わったかもしれない。

 そんなこんなで、無難にやってきたように思っていたが、ここにきて尻尾を出したという感じだな。本人が国政に出たいのかどうか、日本新党新進党時代の小沢一郎民主党とのつながりは健在のようで、無所属として、今まで築きあげてきたイメージが崩壊してしまった。そして、今回の様な真偽不明の文書を、内容を確認することもなく提出して、あとは知らない国会でやってくれという態度には、一期目途中で県議を放り出して、衆議院議員に立候補した時批判された、その無責任体質を思い出した人も多いだろう。

 次回の選挙に、たとえ無所属で出たとしても、その中身が保守ではないと、今回宣言したと理解した有権者は、もう投票することはないだろう。

 まあ、ローカルな話で、日本の片隅のそのまた四国の片隅の3等県、愛媛なんか、ほとんどの国民は歯牙にもかけないだろうが、政治家というのは上から下まで、どこに行っても体質は同じなんだろうな。いずれにしても、民主主義社会では、いなくては困る存在で、重要な役目を付託されているんだから、県民のため、国民のためにしっかりやってもらいたいものだ。

あと10168日

 6月が近づいてくると、76年前の6月5日~7日の間に繰り広げられたあのミッドウェイ海戦を思い出す。当事者もほとんどいなくなり、戦争の記憶も失われていくと共に、あの大海戦すらも、海戦としての純粋な歴史的な側面とか、テクニカルな面とかは、それほど語られなくなった。それに代わって、国家成立の基盤とでもいうべき、国家国民を守るために戦うことを、愚かなことのように言い、戦った先人に敬意を払わない少数者の意見が、学校教育やマスコミにより、社会を洗脳していった。

 今では、国旗を掲げる家もなくなり、外国の軍隊が駐留することに疑問を持たなくなり、北朝鮮が日本人を拉致し、核を持ち、ミサイルを発射して来ても、手も足も出ない国になってしまった。戦後73年たち、GHQの日本人愚民化計画も、概ね成功したと言えるのかもしれない。しかし、今の若者はそれほど馬鹿ではないと信じたい。

 さて、ミッドウェイだが、こんな島を占領しても、維持できないだろうことは、地図を見たらわしでも理解できる。島を維持するために年間のべ何隻の貨物船が必要になるのか真面目に計算したのかどうか怪しいものだ。既に珊瑚海では痛い目にあっているんだから、空母もおびき出して一石二鳥というほどアメリカが甘くないということも、末端はいざ知らず、トップはわかっていたはずだ。世間では山本大将をやたら持ち上げるが、南雲中将と同じで、現場指揮官としては?がつく。

 その南雲中将はミッドウェイでは死なず、2年後にサイパンで死んだ。わしはミッドウェイで生き残った南雲中将、戦死した山口少将二人の死に様に対照的なものを感じている。そして、このことは人は如何に死ぬべきかということを、考える機会を与えてくれた。以下、あと10907日を紹介する。

 

-------------------------------------------------------------------------------

あと10907日

 

 1日1日生きられる時間は少なくなっているが、人生、とにかく長く生きればよいというものでもないだろう。わしは時々思うんだが、山口多聞南雲忠一の人生の最後の生き様はおおいに参考になるんじゃないかな。二人とも大東亜戦争中に戦死した帝国海軍将官だが、違いは山口は海で死に、南雲は島で死んだということだ。南雲中将は昭和17年6月のミッドウェー海戦での第一航空艦隊司令長官、山口少将は第一航空艦隊第二航空戦隊司令官、つまり南雲の部下だった。

 すでに多くの本に書かれているように、帝国海軍は空母4隻と多くの熟練パイロットを失って大敗した。赤城、加賀、蒼龍の3空母はあっというまに沈んだが、少し離れていた、山口座乗の飛龍は生き残った。それを知った山口は以後全軍の指揮をとると打電し、今までの鬱憤を晴らすかのように孤軍奮闘し、航空部隊も獅子奮迅の働きをして敵空母ヨークタウンを大破させた。そして全兵力を使い果たした後、生き残った将兵を総員退艦させ、艦長加来大佐と二人で自決した。闘将といわれ、山口が司令長官であればと惜しまれた。しかしわしは海軍軍人として、持てるすべてを出し切って最高の働きをした後、じり貧になっていく海軍をみることなく、あっさり死んでいった山口は幸せだったのではないかと思う。

 一方南雲は、山本五十六連合艦隊司令長官から、死ぬなと言われ生き残った。参謀達に支えられ駆逐艦に移乗し、まだ指揮を執るという意欲はあったようだが、手持ちの兵力も無く山口に任せるしかなかった。意気消沈しただろうと思う。おかしいのはこの後で、普通なら、これだけの損害を与えたのだから、司令長官は罷免されるはずだ。しかし罷免される事無く、その後、海軍大将、中部太平洋方面艦隊司令長官に栄進した。世間的にみれば功成り名を遂げて、良い人生だったんじゃないかと思われるが、わしは海軍軍人南雲忠一は、やはりサイパンの洞窟ではなく、海で戦って死にたかったんじゃないかと思う。結局2年ほど長生きはしたが、ミッドウェーで華々しく戦って死んでいった山口少将を、薄暗い洞くつの中で、羨ましく思っていたのではないのかな。

------------------------------------------------------------------------------- 

あと10173日

 今月初めに、インターネットを、ADSLからケーブルネットに変えた。料金も同じで、謳っているスピードも12MBで同じなんだが、実際のスピードには雲泥の差があった。今年の初めくらいからADSLのスピードが極端に落ちて、さらに頻繁に切れるようになった。電話がかかってくると切れるのは、ほとんど電話がかかってこない我が家にとってはご愛敬だったが、40分ほどのドラマを見ているときに何回も切れるようになると、ネットでドラマを見ようという気持ちも失せてしまう。

 ADSLもいずれは使えなくなるので、替えようと思ってはいても、高い料金を負担して、光回線を引くほどの価値も感じないし、どうしようかと考えていた時、偶然見た電気工事店のホームページにあった、今なら工事費無料という、年金生活者にはうれしい、呼び水のような言葉に引き寄せられてしまった。

 すぐに電話をして、電柱から屋内に引き込み、屋内配線や機器類、ルーターまで全部無料で費用は一切かからないということを確認後、現場の調査、ケーブルTV会社の工事、電気店の屋内工事を依頼し、2週間後には無事開通した。

 今回は1階にルーターを置いたので、2階はどうしても電波が弱くなった。そこで3日前に、たまっていた楽天ポイントで、無線LAN中継器「AC750」というのを買ってみたところ、これが予想以上の優れもので、今まで電波強度「中」だったのが「非常に強い」と表示されるようになった。双方向のやり取りをするようなゲームはやらないので、下り10MB出て、途中で切れることがなく、月1900円なら、我が家では十分だろう。これで懸案だったネットの問題も解決した。

 ストレスなくネットが使えるようになったからか、近頃では戦後作られた、日本の戦争映画をよく見るようになった。最近はとんとお目にかからなくなった戦争映画だが、昭和40年代頃までは、戦争体験者が作っていたから、時代考証なんかも比較的正確で、最近のCGを使った、派手でうるさいだけのものとは一味違う。もちろん戦闘場面は作り物とわかるが、映画自体作りものだし、わしのように、ストーリーもさることながら、バックに映るものとか、言葉、着ているもの、時代背景や戦史に興味のある者にとっては、別に作り物とわかっても気にならない。

 2匹の犬と一緒に、相槌をうったり、間違いを指摘したりしながら楽しく見ているが、それらを見ていていつも思うのは、昔は空が広かったなあということだ。40年代の光景はわしもリアルタイムで見ていたはずだが、この50年の変化に驚かされる。急激な変化はすぐに気が付くが、ゆっくりとした変化は記憶に残らないということだろうか。ああいう光景は、もう映画の中でしか見ることはできないんだろうな。

あと10180日

 2月に離婚した二男が、親として当然のことだとは思うが、子供には会いたいと言っている。成長には関わりたいし、忘れてほしくないという気持ちはわかるが、少し間をおいたほうが良いのではないかと、わしは思っている。ここで思い出すのが親父のことだ。昭和23年に、親父は子供二人を残して養子先を離縁された。親父の葬儀後、相続のため調べた戸籍謄本によると、昭和18年に養子縁組して二人の男子をもうけている。

 わしはその二人の子供がどうなったのか、親父が死ぬまで全く知らなかったんだが、おふくろが亡くなった2005年前後に、一度だけ親父に、その子供らをどう思っているのか聞いたことがある。その時、親父は少し考えてから「子供がかわいいという感情は、血がつながっているから当然湧いてくるというものではない。それに加えて、いろんなことを経験しながら、一緒に過ごした年月によって形作られた家族のつながりが必要なんだ。」というような意味のことを話した。

 しかし、本当のところ、どうだったのか、今でも時々考えることがある。案外、ずっとおふくろに遠慮していただけだったのかもしれない。親父が最後の正月を家過ごしたのち施設に帰る時、どうしても現金を持っておきたいというので、30万円ほど渡したことがあった。施設にいる間は現金なんか必要ないし、盗まれてもいけないから、持たない方がいいと言っても、どうしても持って行くと言って聞かなかった。それから2週間後、親父が亡くなったあと、部屋にはその30万円は無かった。

 施設の人に聞くと、その頃、息子だという人がたびたび来ていたらしいから、おそらくあげたんだろうとわしらは納得した。残してきた子供だとはいえ、親として何かしてやりたいという気持ちは、常に持っていたのかもしれない。叔父や叔母から聞いた限りでは、親父も、養子に行った先の親や親せきには恨みはあっても、子供にはなんの恨みもなかったはずだ。家を出るとき、当時の連れ合いに、一緒に家を出ようと誘ったが、連れ合いは家を選んだということだった。

 この人からは一度だけ電話があった。わしが出ると「○○さんと同じ声じゃね。○○さんと話とるようじゃね。」と懐かしそうにしゃべっていた。その後再婚しなかったらしいから、話を聞きながら、あの時に、親父と一緒に家を出た方が、この人は幸せになれたのではないだろうかと考えてしまった。まあそうなれば、わしはこの世に生まれてなかったんだが。

 親父は、おふくろが亡くなったこともあって、少なくとも最後の数年は、残してきた二人の子供のことが気になっていたことは間違いない。親父は親父なりに真剣に向き合っていたんだろう。或いは、過ぎ去った時間を、少しでも取り戻したかったのかもしれない。そうすることで、気持ちが楽になったのなら、それはそれで良かったのではないかと思っている。

 これで終わればいい話なんだが、この人たちは、法律通り、残った財産の半分を要求して持っていくと、その後、法事にも墓参りにも、やってくることはなかった。わしは本当は、この人たちとも長く付き合っていきたかったんだが、向こうにはそういう気持ちはなく、ただ遺産相続だけが目的だったようだ。親が思うほど、残してきた子供は親を思ってないのかもしれない。