読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと10590日

 大人でも集団になれば考えられない行動をすることがあるが、16〜8歳の子供の世界では尚更のことだろう。わしが島の全寮制の学校に入ったのは昭和43年だった。I港からホンポン船で2時間かけて、2次試験のために初めて島にわたったが、霧雨の降る中、ひとりで心細かった。島には小さな桟橋が一つしかなくて、人影もまばらだった。今のように宿をインターネットで予約できるわけもなく、上陸して、さあどうしようかと考えていたら、他の受験生を迎えに来ていた上級生が声をかけてくれて、宿を世話してくれた。これはまさに地獄に仏だったな。その人の顔は今でも覚えている。

 入学式にはおふくろがきたんだが、式には呆れていたな。3年生のヤジや口笛がうるさく、まともな学校じゃなかった。おふくろはこのままわしを連れて帰ろうかとまで考えたらしい。当時は変則的で、3年生だけが高校生で生徒、1年生2年生は高等専門学校で学生ということになっていた。したがって3年生は落第即退学となるので人数も少なかった。いってみれば僻もあったんだろう。黙れと言わない学校もおかしいが、3年生には、寮の管理に関して、学校側も弱みがあったようなことも聞いた事がある。

 寮では直截的な暴力は無かった。軍隊じゃないんだから当たり前なんだが、わしらも多少覚悟はしていただけにちょっと拍子抜けした面もあった。わしら1年生は最後のほうに汚い風呂にはいるんだが、たまに3年生がはいっていることがあった。わしではないが、同級生は君が代の2番を歌わされたことがあったらしい。何を歌ったのかしらないが、歌うまで風呂からあがらしてもらえなかったそうだ。また、洗濯機使用禁止とかいわれて、冬の吹きっさらしの中でも、裸足で洗濯板で洗濯したものだ。娯楽室入室禁止でテレビも見れなかった。おかげでロバートケネディーが暗殺されたことも知らなかった。夜中に叩き起こされて廊下に並ばされたりしたこともあった。

 他にもいろいろあった。上級生といったところで、高校2、3年生なんだが、個人的にはいい人が多かった。暴力事件で退学になった人もいたが、退寮即退学という密閉された集団生活が、感覚を狂わせるんだろう。この群集心理による弱いものいじめは、したほうもされたほうもどちらも嫌な思い出が残るだけだ。中学校のいじめなんかも、同じ心理なんだろう。船乗りになりたいという強い意志があったからできたんで、今あの生活をもう一度やれと言われてもお断りだな。

 

広告を非表示にする

あと10591日

 昨夜、佐藤愛子著『私の遺言』四章「神界から来た人」を読み返してみた。神界から来た人即ち相曾誠治氏に関する記述がメインになっている。内容は『サニワと大祓の詞神髄』『言霊と太陽信仰の神髄』に書かれてある事と重複していることが多いが、佐藤愛子氏が、実際に相曾誠治氏と会って感じた事や相曾誠治氏が行った事、会話の内容等、講演集には出て来ない、相曾誠治氏の生の姿が表現されていて、非常に参考になった。

 文章の中に、「困惑」という詞が時々出て来ている。神界の事や、神様のことなど荒唐無稽だといえば、確かにそう感じる人も多いだろう。佐藤愛子氏は作家だから、1の事を10に膨らまして、面白く書いているのではないかと思う人もいるかもしれないが、少なくとも、この章の相曾誠治氏に関する記述に関しては、嘘や脚色は無いと思っている。困惑するが否定はしない。知らない事を否定しない。様々な怪異現象に悩まされた佐藤愛子氏の、相曾誠治氏に対するスタンスは、こういうことではなかったのだろうか。

 わしも、わからないことはわからないままで放っておくことにしている。相曾誠治氏の本を読んでも、ほとんどわからない。もちろん日本語だから、書いてある事はわかるが、それが本当かどうかなどということは、自分が同じ体験をしない限りわかりようがないことだ。それは古事記も同じだ。100回読んだ所で、おそらく何もわからないだろう。異境備忘録も同じだ。これは読むのも骨が折れるが、苦労して読んでもわからない。

 それでも読み続けるというのは、いつか理解できるようになるんじゃないかと、期待もしているということで、佐藤愛子氏のように本人に話を聞けない以上、文章を通して語りかけてくれるのをひたすら待つ以外に、凡人のわしなんかが取るべき方法は無いんじゃなかろうか。こういう作業は何の生産性もないし、わかったからどうなるというものでもない。しかし、わしにはこれが、人として生まれた以上、目指すべき最終目標のように思えてならない。

広告を非表示にする

あと10592日

 わしが利用した最初のパソコンはMacIIciだった。勿論業務用で、100万円もするものを個人で買えるわけがない。今から考えてもめちゃくちゃ高かったな。ついでに、これにMac-WORDを入れて文書作成も始めたが、キーボードから解放されて快適だった。それまではPC98が幅をきかせていて、一太郎とかいうワープロが使える人にお願いして作ってもらっていたんだが、そんなテクニックはあっという間に陳腐化してしまった。Macの出現というのはほんとうに革命的だった。

 そのうちにインターネットが繫がるようになってパソコンの使用頻度も格段に高くなった。初期の頃は、世界中探しても個人のホームページなんかもほとんど無くて、大学や研究機関がメインだったからあまり面白くはなかった。しかしネット上に悪意を持った人間が少なかったんだろう、個人の名前や写真、メールアドレスがどこにでも出ていたし、メールを出したら結構返事が返って来ていた。思えば牧歌的な時代だったな。

 この間友人と話したんだが、今のネット社会であればわしも船乗りをやめなかったかもしれんな。パソコンやタブレットがあれば、様々な種類の本を図書館並みに詰め込めるし、ゲームも出来るし、金はかかるが外洋でも衛星を使ってネット利用ができるらしい。簡単なプログラムを作るのも面白いし、ゲームもやれる。昔のように、交代の人が持ってくる月遅れの週刊誌や、名ばかりの図書室しか無い船内で、十年一日の如く、麻雀をやって半年以上過ごすという特殊能力はわしには無かった。

 わしは船乗りになる前は、外国航路の船乗りと言えば、世界を見ているので視野も広いというイメージがあったが、自分がなってみると全くイメージが正反対だと気が付いた。去年あたりから、外国航路に長年乗り続けた同級生と話す機会が増えたが、個人差はあるんだろうが、ほぼ100%業界の話ばかりだ。わしは多少ともその業界に関わったから付き合えるが、知らない人は付き合えんだろうなと思った。べつにそれが悪いという事ではなく、仲間内ではそれが楽しい会話になるんだろう。

 そういえば2年前、クラス会で話しをした人は、ほぼ全員ガラケーだったのには驚いた。やっぱりわしみたいに、すぐに新しいものに飛びつくという性格の者には、あの業界は向いてなかったことは間違いないだろう。

広告を非表示にする

あと10593日

 今年が13回忌になるおふくろは、みんなからしっかりしていると言われていたが、ころっと騙されることが何回かあった。誰でも自分は大丈夫と思っているが、それでも被害者がたくさんいるということは、詐欺師はその上をいくだけのテクニックをもっているということだろう。一番驚いたのが、肺がんで余命3ヶ月と診断されて家で寝ていた時のことだった。後で女房から聞いた事の顛末は以下の通りだ。

 午後2時くらいに、女房が出先から帰って来ると、ものすごい形相で、玄関から飛び出して来るおふくろとすれ違った。呼びかけても返事もない。するとその後から、おろおろと親父が飛び出してきて、おふくろの後を追おうとしていた。女房は親父を呼び止めて聞いてみると、おふくろの甥の息子にあたるMらしき男から、事故をおこしたか何かで、今すぐ200万円必要だ、助けてほしいという電話がかかってきた。(おふくろが勝手にMだと思い込んだだけ)それを聞いておふくろは通帳印鑑を握って家を飛び出し、銀行に向かったということだった。

 誰が聞いても、状況は典型的なオレオレ詐欺なんだが、これが当事者になると頭に血が上っているんだろう、親父にオレオレ詐欺ではないかと指摘されても、逆上して絶対認めなかったらしい。あわてて女房が自転車で追いかけて、説得して連れ戻して来たんだが、Mが困っているのにあんたは見捨てるのかと、薄情者のようにののしられたそうだ。女房は穏やかな人間で、説得も上手なのでよかったが、わしには自信はないな。それから女房が、そのMの勤務先の中学校に電話すると、本人が出ておふくろと話してやっと納得したそうだ。

 落ち着いて考えたら、Mは夫婦で中学教師、Mの両親も裕福、叔父さんは会社社長でお金持ちなんだから、肺がんで寝ているおふくろのところに、金の無心なんかしてくるわけないんだが、詐欺師は会話だけで、正常な判断が出来なくなる状況に持って行くんだろうな。それが詐欺師の詐欺師たる所以だろう。本当にオレオレ詐欺恐るべしと、改めて肝に銘じたものだった。

広告を非表示にする

あと10594日

 今日は森友学園籠池氏の証人喚問があった。朝から全部見たが、一体何を知りたいのかよくわからんな。籠池氏自身は虚言癖のある人物のようだが、安 倍首相との直接の接点は無いようだし、たぶんしてないんだろうが、仮に100万円寄付していたとしても、選挙区が違うから法的に問題ないようだし、国が安 く土地を売ったのが問題なら、会計検査院が調べればいい話だし、いつまでもこんなことやっている場合じゃないような気もするが。こんなことやっている間に も、安倍首相は国益のため、海外で大きな仕事をこなしているのを見たら、森友なんか歯牙にもかけてないんじゃないのかな。

 今回久し振りに見た証人喚問は、昔見たロッキード事件の証人喚問とは緊張感がまったく違っていた。今の委員長自体が当時の衆議院予算委員長荒舩清十郎氏の迫力とは比べ物にならない。実は、この荒舩氏はあと10610日で書いた俳句のB先生の友人だったが、残念な事にわしがB先生と知り合う一年前に亡くなっていた。荒舩清十郎氏は秩父の出身で、深谷駅に特急を停めて運輸大臣を棒に振ったこともあったり、破天荒な人だったようだが、B先生は惜しいやつを亡くしたと残念がっていた。

  B先生の話によると、B先生と荒舩氏の出合いは、B先生が○○銀行秩父支店長のときだった。そこに荒舩氏が選挙資金を借りにきたらしい。B先生は融資を決 定したそうだ。B先生と荒舩氏は年齢も近く、気が合って、その後ちょくちょく飲みに行くようになった。ところが2人とも大酒飲みで、飲みだしたらとまらな い。ある時料亭で酔っぱらって2人で裸踊りを披露したらしい。今の時代なら、大銀行支店長にしても代議士にしても、みんな賢くなっているから、こんな馬鹿 なことをする人達はいないだろうが、昔は、型にはまらない人がいても、それが許容される柔軟生のある社会だったといえるのかもしれんな。

 どちらが優れているというわけではないが、どちらが面白いかと言えば、わしはやはりB先生や荒舩氏が生きて来た社会だと思うな。

広告を非表示にする

あと10595日

 新しくIDやパスワードを作った時には、必ず別の専用のノートに記入して、そのノートを安全に保管するようにしていたんだが、一昨年の夏くらいから、1Passwordを使うようになった。ネット上の一カ所に全部を記録するのはどうかなとは思ったが、わからんことを心配してもしようがないし、多くのユーザーがいるようだから、そこらあたりのことはきちんとやっているんだろうと信じて、安売りのときにウィンドウズ用を購入した。

 使ってみるとこれは非常に便利だった。必要なパスワードだけでも30以上はあるから、それらを全部違ったものにして、何ヶ月かに一回変更することは簡単ではない。1Passwordを使うと、パスワードを覚えたり、キーボードで打ち込んだりすることがないので、どんな複雑なパスワードでも可能で、変更も簡単だし、専用ノートもいらなくなった。ところが、最近この便利さに落とし穴があることがわかった。わしらみたいなじじいが使っていると、新しくIDやパスワードを作っても、あとから1Passwordに登録しようと思って、やっているうちにそれを忘れてしまうことが時々ある。以前ならすぐにノートに記入してたので、忘れる事はなかったんだが。

 この間、クレジットカードのマイページのID、パスワードを作って、そこで引き落とし口座の変更手続きをした。翌日になって、ETCカードも作ろうと思い付いてマイページに入ろうとしたんだが、ID、パスワードがどうしても思い出せない。1Passwordに登録したはずだと探したが登録してない。机上の紙にメモしてないかと探してみたが、それもない。そういえば、あとで1Passwordに登録しなければと考えたことは覚えているんだが、それをしたかどうかは覚えてない。結局、どうにもならずに、カード会社に連絡してID、パスワードを忘れた場合の手続きをとらなくてはならなくなった。

 いくら有能な1Passwordでも、こちらが登録しないと役に立ってはくれない。何とも情けない話なんだが、こんなことが続いたらたまらないので、机の前に大きく『ID、パスワードを1Passwordに登録すること』と張り紙をしておいた。

 

広告を非表示にする

あと10596日

 わしの女房の父親は、土木関係の仕事をしていて、まっすぐで豪快な人だったが、家庭の事はあまり構わなかったようだ。仕事に命をかけるというタイプで、人生に対する立ち位置としては、わしとは正反対の人だった。かえってそれが良かったのか、ずいぶんかわいがってもらった。25年も前になるが、この家ができるまで半年ほど、女房の実家の裏にあった、小さな家に住まわせてもらったことがある。4月から10月までだったが、そんなに長い期間近くで過ごしたのは、これが最初で最後となった。

 女房の父親はいつも仕事で忙しく、家で晩ご飯を食べる事もほとんど無かったと聞いていたが、わしらが一緒に住んでいた期間は、ほとんど毎日6時過ぎには帰って来て、わしらの住んでいる家の方に来て食べるようになった。仕事柄、来客が多かったので、麒麟麦酒の大瓶がケースで置いてあり、夏になるとそのビールを2人で飲むようになった。毎日5〜6本飲んでいたら8月の終わり頃には底をついて飯の度に買いに走ったものだ。

 父親は橋梁の専門家で、戦後行われた県内の大きな土木工事には、そのほとんどに関わって来た事や、土木工事はスケールが大きく、いわゆる地図に残る仕事で、やりがいがあるということ、また、YトンネルやKダム、Iダム、国道○○号線拡幅など、有名な工事の裏話など面白く聞かせてもらった。一緒に聞いていた女房は、今まであまり親子で話したことがなかったので、初めて聞く話ばかりだったらしい。そして親との、こんなににぎやかな夕食というのも、経験がなかったようだった。

 それから8年後、仕事で近くの島に住んでいた父親が、島の病院から救急車で運ばれてきた。医師の最初に診断では、3週間ほどすれば車いすには乗れるようになるだろうということだったが、どんどん悪くなるばかりだった。そんな時、一度だけ目を覚ましたことがあった。本人はこのまま良くなると思ったようだ。わしらも少し話をしたが、呼吸もしんどくはないから、このままでいたいと頻りに訴えていた。しかし、医者はもう一度眠らして治療を継続する方針だったし、わしらも良くなるという医者の言葉を信じるしかなかった。面会時間が終わり、わしらがベッドから離れる時、今まで見た事の無い、恐怖の表情をした。わしは今度目が覚めたら元気になっていますよと声をかけて、その場を離れた。しかし、これが最後の別れとなってしまった。

 その後2週間、人工呼吸器で生きながらえたが、目を覚ます事はなかった。女房の父親は以前から、寝たきりにはなりたくないと話していた。なぜあのときにわしは眠らせることに同意したのか、なぜ意識をもったまま死なせてあげなかったのか、いまでも後悔している。あの豪快な人生を生きた最後が、人工呼吸器につながれて朽ちて行くのは可哀相だった。わしは付き添いで一晩泊まった時、申し訳ありませんと謝り、一緒に住んで楽しかったことを語りかけた。伝わっただろうか。

広告を非表示にする