無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと10385日

 娘を嫁に出すというのは寂しいものだと、世間ではよく言われている。わしの昔の上司なんかは酒を飲むと、芦屋雁之助の歌 ♪~嫁に行く日が来なけりゃいいと~男親なら誰でも思う~♪ を歌っていた。お前らもいずれ嫁に行く娘を持ったらこの気持ちがわかると言っていたが、それから25年たってわしも娘を嫁にだす立場にたった時、そんなこと少しも思わなかった。また、大事に育てた娘をなんでよその男にやらんといかんのだとも言って怒っていたが、わしなんかは、よくぞもらってくれたと夫婦で手を取りあって喜んだもんだ。

 それもこれも、この男性と家庭を持てば幸せになるだろう、この男性の両親となら、うまくやっていけるだろうと信じることができたからで、そうでなければ、娘になんと言われようと反対していた。親が望んでいるのは子供の幸せだけだ。子供が結婚を望んで、それで幸せになれるのなら反対するわけがない。

 うちの娘は仕事はできるんだが、あまり結婚には向いてないのかなと思っていた。ひょっとすると一生独身でいるかもしれないと考えて、わしの退職金で返済できるようにローンを組んで、近所の中古の小さなマンションを購入しておいた。娘に話したのは、子供はいつでも産めるのではないということ、世間並みに一度は結婚して家庭を持ちなさいということ、それに、人のやることだから失敗することもあるかもしれないが、せずに終わるよりも、して失敗する方がまだましだ。だめになればうちに帰ってくればいいんだからということだった。

 幸いなことに、向こうの家庭もうちの家庭と同じような環境で、穏やかな、常識的な両親がいて娘も可愛がってもらっている。しかし、世の中にはいろんな結婚生活がある。もし家庭環境などで苦労することがわかっていて、それでも一緒になりたいと娘に言われたらどうしただろうかと時々考えるが、わしなら相手の家に乗り込んででも破談に持ち込んだかもしれない。娘の心配をし続けるのはつらい。

 適度な苦労は人を強くするが、それも度を超すと折れてしまうことがある。わしが親なら、場合によっては折れる前に帰ってこいと呼びかけるかもしれない。いったん離れて客観的に見直せばまた状況も変わるかもしれない。個々の場合、条件も違うので何ともいえないが、一般的には、家族は一番大切だが、もしも夫婦の結束が乱れた時は子供が一番大切になる。どうしても結束を乱す原因が取り除けないのなら、子供のために、一度離れるという選択肢もあるのかなと思ったりもする。

 まあ、以上は娘を嫁に出した親のたわごとかもしれないが、娘には少々の苦労を跳ね返すだけの強い心を持って、自分の人生を切り開いて行ってもらいたいと思っている。それでも何かあれば頼ってもらいたいと思うのも親の偽らざる気持ちだ。

広告を非表示にする

あと10386日

 総選挙で、候補者の車が名前を連呼して回っている。一時は、連呼はうるさいし意味がないからやめよう、というような声も聞かれたことがあったが、今でも名前の連呼しかやらないのは、それが一番効果的だからなんだろう。止まって話をするなら、いろいろ話すこともあるかもしれないが、前を走り抜けていくだけなんだから、連呼して名前を覚えてもらうしか、やりようがないだろうな。中選挙区の頃は、選挙カーがもっとうるさく走り回っていたように思うが、気のせいなのかな。

 詳しいことはわからないが、宇野首相は指3本で首相の座を失ったことがあったように、政治家と女性の関係は昔から語られていた。三木武吉の妾に関するエピソードが有名だが、代議士になるとほとんどの人がお妾さんを持っていたんじゃないのかな。どこまでがほんとうか知らないが、この地方でも元知事、元代議士、元市長、いろいろな話がまことしやかに伝えられている。昔はおおらかだったと言ったら一部の女性に叱られるかもしれないが、有権者にしてみれば、きちんと仕事さえしてくれれば、それでいいという感覚だったんだろう。

 うちの隣に、上品できれいなおばちゃんが住んでいたことがあった。小さいときから住んでいたので、わしらは○○のおばちゃんといってなついていたし、○○のおばちゃんもわしらを可愛がってくれた。この人が県議のお妾さんだったと知ったのはわしが20歳も過ぎてからだった。大阪のE叔母さんのうちに泊めてもらった時、偶然隣の○○のおばちゃんの話になった。その時E叔母さんが何気なく「ああ、あのお妾さん?」と言ったのを聞いて、ええ!あの人はお妾さんだったのかと驚いたと同時に、なんで今まで気が付かなかったんだろうと、不意を突かれたような変な感じだった。

 そういえば、時々恰幅の良い、高そうなダブルの背広を着たおじさんが来ていたし、家の中には選挙の時のものだろうと思える、縁起物の類がたくさん飾ってあった。朝になると大きな自動車が家の前に止まって、運転士が待っていることがよくあった。おそらくそれは県の公用車だったんだろう。それでもこの○○のおばちゃんがお妾さんだとは思いもしなかった。ところがこの○○のおばちゃん、ある日突然、大阪に行くと言って、家財道具も全部置いていなくなってしまった。

 だいぶ後になっておふくろから聞いたんだが、県議は落選し、落ちぶれて老妻のもとに帰り、県議の経営していた会社も倒産したらしい。「妾の家から公用車で議会に行くなんていうのはちょっとおかしかった。そんなことやっとるから落とされたんよ。」と言っていたから、その当時でも陰ではいろいろ批判はあったんだろう。今なら県議の分際でこんなことをやっていたら批判が殺到するだろうが、当時は、批判は主婦の井戸端会議で収まっていたようだ。

広告を非表示にする

あと10387日

 10年以上前になるが、女房の兄が脳幹出血で倒れて、左半身不随の障碍者になってしまった。命があっただけ良かったといえばその通りなんだが、自力で排便排尿ができないというのはつらいことだ。月に2回は女房が紙おむつとか尿漏れパッドを届けているので、その時わしも一緒に行っている。今日も行ってきたが、本人も今年が還暦で、歳をとると体力の衰えにより、障害もひどくなってきているようだ。去年できたことが今年はできないとか、うまくしゃべれないために、介護の人との意思疎通が困難なこともあって、本人もちょっとイライラしていたようだ。

 女房に、「世話になっているんだから、文句ばっかり言ったらいかんよ。」と説教されていたが、本人は本人なりに我慢しているんだろう。わしらにそうやって話すことで精神のバランスを保っていけるうちはいいが、いずれ爆発するのかもしれない。その時はこの施設にはいらなくなるだろう。今から次の場所も探しとかないといかんねと女房も話していた。次の介護施設に行くときには、障害ではなく介護保険の扱いになるから、自己負担も増えることになるので、年金と今までの貯蓄だけでどこまでやっていけのか、本人は父親の歳まで生きたいと言っているから、そこまで生きるとあと18年。どうなるかは福祉行政のさじ加減ひとつということかな。

 しかし、人生何が起こるかわからない。現実的に考えると、兄の世話は女房がしているので、女房が先に死んだら誰がその代わりをするのかということが大きな問題になってきた。母親は高齢で自分の事だけで精一杯だし、義妹に頼むのも気の毒だ。そこでうちの長女に、万が一の時は代わってやってもらいたいと頼むと、快く了解してくれた。まだまだ先にことで、長女も実感はわかないだろうが、嫌がらなかっただけでもありがたかった。

 わしも福祉の実情というのは女房の兄や、親の介護などを経験して初めて知ることばかりだった。みんなが幸せに最後をむかえることができるように、いろいろ考えられているんだろうが、予算に限りがある以上、全員が納得できる制度ではないことはわかっている。また、法律と同じで、知っている人が得をするという制度であることもわかった。積極的に利用しようとすれば、様々な救済策があるが、しなければ誰も教えてくれない、なかなかシビアな世界でもあるようだ。

 女房の母方の祖父は旧内務官僚で立派な人だったようだが、その人の最期は衰弱死だったと聞いている。晩年に木から落ちて動けなくなり、それ以後ほとんど食事をしなくなったらしい。そしてだんだんと弱っていって朽木が倒れるように亡くなった。あれは覚悟の死だったんだろうと女房は話している。これを聞いて、当たり前のことだが、食べなければ生き物は死ねるんだと改めて気が付いた。これは自殺ではなく自然死だろう。出来ることなら、あまり人のお世話になることなく、最期まで意識をもって自分の意思で寿命を全うしたいものだ。わしは女房にも子供らにも延命治療だけはしてくれるなと伝えてある。

広告を非表示にする

あと10388日

 一昨年の10月15日は、このブログを始めるきっかけとなった叔父の亡くなった日で、今日は3回忌の法要に出席した。2年前、葬儀の後「うちの一族はがんで死ななければ94まで生きる」と叔母に言われたときは、それはすごいと思ったが、丸2年たった今になって思うのは、それも大変だなということだ。30年生きるとして、どこまで自分の意志だけで生きて行けるのか見当もつかない。今は健康なので、人に頼らずとも何でも一人でできるから、気楽に30年と言えるが、人に世話してもらわなければならなくなったとしたら、30年という年月はとてつもなく長いものに感じるだろう。

 歳をとるということは、体の自由だけでなく、心の自由も失っていくことではないかと最近思い始めた。若い頃、歳をとるということは外見が変化すること、という程度のことしか考えてなかった。なんとなく、今の状態のままでしわができたり、白髪が増えたりするんだろうと思っていたんだと思う。ところが自分の順番がきて初めて、昔簡単にできたことができなくなったということに気が付く。それもある日突然に気が付くという感じだった。上下左右自由に俊敏に動いた体が思い通りに動かない。飛べない走れない曲がらない、ほんと嫌になるくらいだ。若者の延長線上に老人がいるのではないということに嫌でも気づいてしまう。

 しかしそれはそれで仕方がないことだ諦めもつくが、心の自由はもっと大きな問題だ。今のわしなんかは人からみたら、仕事に縛られることなく自由な生活を享受しているように見えるかもしれない。しかし、一般的に自由な生活と聞いてどんなものを想像するだろうか。それは自分のやりたいことをすることかもしれない。ではやりたいことを何のためにするのか。生きるためにするのではないしたら。ちょっとした豆知識を身につけるためなのか、ちょっと上手になりたいのか。それが自由の成果だとしたら、それは寂しい。自由という魔法の言葉に惑わされて、結局何もない袋小路の中に迷い込み、それで人生が終わるとしたら、これは一番恐ろしいことだ。

 人生のゴールもなんとなく見えてきたが、まだまだこれからが正念場かもしれんな。

 

広告を非表示にする

あと10389日

 ノーベル文学賞に日系英国人のカズオイシグロ氏が選ばれて、また肩透かしをくらった人たちが騒いでいたようだ。わしは以前から、○○賞受賞作品とか、○○新人賞、○川賞、○木賞受賞作品等は読んでみたいとも思ったことがない。何でもそうだが、ある程度時間がたって、それでも価値が変わらないことが重要なことであって、出版社に誘導された一時のはやりすたりなんかに付き合って、大事な時間とお金を浪費したくなかった。乱読は人にしてもらって、評価され、歴史のふるいから生き残ったものだけを読むことができれば、効率よく、人の何倍も有用な情報を得ることができるのではないのかと思っている。

 ところが今回のカズオイシグロ氏はちょっと違って、非常に興味がある。だいぶ昔になるが、英語で小説を書いているカズオイシグロという名前をどこかで聞いたことがあった。そしてずっと日本人が英語を勉強して小説を書いていると思っていた。英会話とかビジネス英語ではなく、小説が書けるほどの英語力を身つけたこの人はどんな人で、どんな勉強をしたのか、ちょっと気にはなった。というのも、わしも英語は好きな方でいろいろ手をだしてやってはみたが、それほど進歩がない。そこで効果的な勉強法はないのかと探している時だったからだ。

 結局この人は、子供のときから向こうで教育を受けた、中身は英国人だったから、そういう面では参考にはならなかったが、逆にそういう人がどんな小説を書くのかということに興味がわいてきた。しかし、当時わしの中では、小説というもの自体のプライオリティーが低いということもあって、一度も読んだことは無かった。

 2年前に一気に読んだ、吉川英治の新平家物語太平記、これは底抜けに面白かった。やはり小説とは人に読んでもらうものだから、これくらい面白くなければだめだろう。わしもわざわざ舞台となった吉野まで尋ねて行ったくらいだ。この頃になぜか、何の脈絡もなく、カズオイシグロという名前が思い浮かんだことがあった。わしの頭の中で、日本の歴史をこれだけ面白く表現する吉川英治と、元日本人の作家カズオイシグロがなぜか結びついていた。

 その後、これらのことはとっくに忘れていたが、先月のニュースでノーベル文学賞受賞を聞いて、そんなことがあったのを思いだした。いろいろ調べてみると作品もなかなか面白そうで、興味がわいてきた。新平家物語のように一気に読み通せるかどうか、昨日ネットで日の名残りを注文した。届くのが楽しみだ。

広告を非表示にする

あと10390日

 先週の金曜日に咽喉が痛くなって、医者に行こうかどうか迷ったが、もともと医者嫌いな性格なので、結局置き薬を飲んで早めに寝ることにした。春に咽喉の痛みから高熱が出て、咳喘息のような状態でひどい目にあった。この時は協会けんぽから国保に切り替え中で、まだ保険証が手元になかった。ひとまず病院に10割払っとけばいいんだろうが、なんか面倒くさいので、家で3日ほど高熱にうなされながら寝込んでいた。この時のことがあったので、今回も少し気にはなっていた。今のところ、咽喉の痛みは続いているけれども熱は出ないので、大したことはないようだ。

 ブログを書き始めて17か月、毎日書くのは大変な時もあるが、わしの場合は内容もさることながら、書くということが目的なのでなんとかなっているといえるのかもしれない。はてなブログだけでも、ブログの数がいくつあるのか想像もつかないが、これを見ていると、みんな書きたいんだなあと感心してしまう。ブログから収入を得ているとか、得ようとしている人は別にして、ただ書きたいから書いている人たちは、ブログ以前はどのように、その書きたいという欲求を処理していたのかな。

 わしは俳句結社に参加して多少勉強したことがあった。俳句は面白いんだけれども、あまりにも575にとらわれ過ぎて、窮屈になってきた。というのも、どこにいっても何をしていても575が頭の中から離れなくなってしまう。きれいな景色を見てもそれに浸る前にまず575。遊びに行っても楽しむ前にまず575。これでは人生が無駄になるのではないかと疑問に感じて、ひとまず575から離れることにした。その点ブログは自由に書けるので楽しい。わしには1000字前後が一番書きやすい。

 ブログというのは自分のために書くと言っても、公開している以上、日記帳に書くのとは違って、誰かが読んでくれることも期待している。ここらあたりに多少の緊張感もあり、面白みもあるんだろう。人のブログをみていても、個人的なことも書かれていて、いろんな人の考え方や生き方など、対面では話さないことや聞けないことなんかも知ることができておもしろい。しばらく更新が無いと、どうしたんだろうと気になることもあり、自分の子供と同じくらいの人のブログを見ると、親のような気持ちになって大丈夫かなと心配してしまうこともある。

 ブログとは、わしにとっては、今まで触れたことの無い、別な世界に案内してくれる不思議な図書館のようなものだといえるのかな。

 

 

 

広告を非表示にする

あと10391日

 普段忘れていることが、何かの拍子に突然浮かび上がって、それが呼び水になり、次から次へと、それと関連したことが湧き上がってくるということを、昨夜初めて体験した。暑くて寝苦しかったので、エアコンをつけても、なかなか寝付けなかった。そういう時は、見た夢をよく覚えていることが多いが、今回特に驚いたのは、40年近く前に東京で仕事をしていた時の勤務先での出来事が、克明に再生されていたということだ。

 わしは、仕事は生活していくための手段と割り切っていたので、仕事に対する不満というものはあっても、あまり考えないようにしていた。大事なのはその生き方であり、その精神であって、仕事はそれらを充実させるための手段であり、枝葉末節にすぎないと信じていた。

 わしは夢の中で、昔の職場を見ながら、そこを辞めたことによって、大きな何かを失ったのではないかと、非常に後悔をしていた。現実の世界でそれを後悔したことはいまだだかつて一度もない。それなのに夢の中で後悔している自分がいることに驚いた。確かに、仕事として見た時、前の仕事の方が社会的な価値はあったし、待遇も良かった。その分野では日本でトップの有名な職場だった。しかしわしはそこを辞めて、親や家族と一緒に暮らす道を選んだことに、何の疑問も持ってなかったはずだ。

 親を見送り、子供も独立し、仕事も定年退職して、選んだ道をやり終えた時、満足感と共に、隅っこの方に押し込められていた、そういった記憶が再び蘇ってくるんだろうか。こんな道もあったぞ、あんな道もあったぞと、引き返すことのできない現実をあざ笑うかのように、夢の世界で、埋もれた記憶を暴き出していくんだろうか。

 目覚めた時、もう一人の自分を見たようで嫌な気分だった。過去を捨てることから始めた今の生活が、逆に過去を蘇らせるとしたら、今の生活に何の意味も無いことになってしまう。この生活を続けて行くためには、今一度自分を見つめなおし、何事にもとらわれない自己の確立が重要だとは思うが、そんなことができれば誰も苦労しない。今はできもしないことをあれこれ望むよりも、常に揺れ動く凡人にとっては、それも自分の一部だと素直に認めて、嫌なことはいつまでもゴタゴタ考えずに、早く寝て、また新しい朝を元気に迎えることが一番の特効薬だろう。

広告を非表示にする