無駄に生きるとはどういうことか

うちの一族はがんで死ななければ94まで生きると、叔父の葬儀の日に叔母にいわれた。聞いてみると確かにわしの親父他何人も94で死んでいる。そこでわしも94の誕生日に死ぬと決めて、それまでの日数をあと何日と逆算し、切りのいい64で仕事も辞め、死への準備にかかった。その日々をブログに書いている。

あと10883日

 女房が朝5時頃に出かけるときに雨が降っていたので車で送って行ったんだが、それから二度寝せずに掃除にかかった。8時頃には全部終了し、そこで少し寝ればよかったんだが、ちょっと余裕をこいてhuluを見てしまったんだな。その後古事記を少し読んだが、眠たくてしょうがないので、顔を洗ってネットで新聞を読んだりしてしまった。朝食が早かったので腹が減ったのでホットケーキを食べたあたりから完全にペースが乱れて来たね。それでも昼になるとまた腹が減ったので、飯1合にカレーをかけて食べたが、いつもほどうまく感じなかった。精神の状態は味覚にも影響するのかもしれんな。

 その後7000歩を始めたのだが、これがしんどかった。終わったときはふらふらで、そのまま横になったらすぐに寝ていたよ。こんなにしんどかったことは今迄無かった。今日は何をやっても、みょうに充実感が無いんだな。3時半頃起きて30分ほど古事記の続きを読んで7回目が終了した。

 じじいになると睡眠不足は肉体的精神的に良くないということがよくわかった1日ではあったが、わしのような凡人は、ちょっと気が緩むと楽な方に流されるのよな。一瞬一瞬あだやおろそかにできないと書いたのは昨日だが、次の日になると、なんかおろそかにしたような気がしている。毎日揺れ動くんだな。

広告を非表示にする